斎藤佑樹はもう限界だよ!それでも現役にこだわる理由に納得

斎藤佑樹




日本ハムの斉藤祐樹投手。毎年パッとしない成績が続いていますね。

ファンは今年こそは!と毎年思うものの大した成績も残せずシーズン終了。今年で戦力外かな?と思うけど残る。。

そこまでして斉藤祐樹投手が現役にこだわる理由、クビにならない理由は何なんでしょうか?

斎藤佑樹投手

本日オープン戦があり先発した斎藤投手は3回4安打3失点と、安定の?打たれっぷりでした。まぁオープン戦ですので、そこまで成績に拘る必要は無いかもしれませんが、彼の場合は、もうずっとこんな感じ。。

戦力外にならないのが不思議に成績

なのですが、毎年戦力外にもならないんです。そしてそもそも彼は限界だと思うのですが、どうなんでしょうか?

毎年が背水の陣

毎年契約更改の度に、背水の陣という言葉を使い、来年は頑張るぞ!という意気込みを見せますが、ご存知の通り全くダメ・・・

プロ野球の投手としては全く戦力になっていない。専門家の人が見てもこれはその通りらしいです。

例えば、まだ新人の吉田輝星投手とのストレートの伸びの差は歴然だそうです。

新人と比較してもこれだけの違いがある彼をいつまでも1軍に残しておくのは、他の選手の意識の低下にも繋がりかねないと思います。

野球が詳しく無い私でも、これはもうダメじゃない?いや、どっか体痛めてる??と思ってしまいます。

それでも斎藤佑樹がクビにならない理由

斎藤佑樹

見ての通りのイケメンです。甲子園ではハンカチ王子として超有名になりました。

甲子園では、今や日本を飛び越えメジャーで世界的な投手となった、田中将大投手と死闘を繰り広げたのもご存知の方が多いと思います。

あの時は齋藤投手の方が優勝し、田中将大投手の方が涙を飲む結果となったのですが・・・

言うまでもありませんが、今や立場は大逆転して何周しちゃった??というぐらい差が開いちゃっています。それでも日本ハムにとって、斎藤佑樹は宣伝効果が抜群なのです。

一生懸命野球だけに打ち込み、彼より明らかに能力が上なのに、戦力外になり今は野球界から離れて行った人なんて山ほどいます。

それなのに能力が下なのに、野球界のトップである、プロ野球に居座り続けられる斎藤佑樹。。不条理ですよね。

しかし、宣伝効果というのも球団を運営していくにあたって大事な要素である事も確かなんですよね。

客寄せパンダ?

悪く言っちゃうとそれです。客寄せなんです。彼が球団に所属しているってだけで、日本ハムという球団にとってはプラス材料になるんです。これが現実です。

2軍で打たれた、2軍で抑えたってニュースだけでも大きく取り上げられます。

1軍に上がったってだけでニュースです。

1軍のマウンドに上がったってだけでニュースです。

成績なんて二の次です。そりゃあ、人気もあり知名度もあり客も寄せられて、成績も良ければなお更いいんですが、成績悪くてもニュースになればいいんです。

筒香がホームラン!メジャーで通用する!野手の成功例となれる根拠

だってそれだけでお客さんが沢山入りますからね。

サッカー界で言うカズ選手のようなものです。カズ選手も正直な所、今チームの戦力になっているか?と言われると微妙な所ではあります。

しかし、全盛期の実力やサッカー界への貢献度、知名度などは桁違いなので比べるのも失礼ではあるんですが・・・

費用対効果が高い

斎藤佑樹の年俸は約2000万円と言われています。これってどう思います?

単純に野球の成績だけで言うならば貰い過ぎだよ!と思うかもしれませんが、宣伝効果を含めて考えると、正直安すぎるぐらいです。

宣伝効果などを加味して考えると、1億円ぐらいあってもいいのでは無いか?と言われているぐらいです。

2000万という破格の安さで、広告塔になってもらえる球団としては手放すわけにはいかないんです。が、一つ疑問が・・・

斎藤佑樹本人は自分が客寄せと理解しているのか?

甲子園で優勝したようなピッチャーです。曲がりなりにもプロで1軍でも投げられるくらいの実力は持っている選手です。

なんだかんだ、一般人の私達に比べたら、はるかに素晴らしい才能や実力の持ち主です。野球に関してもめちゃくちゃ努力してきたであろう人です。

そんな人が自分が客寄せで満足なのかな?それって知らされてないのかな?って思いません?

本人も客寄せだと理解している

間違いないでしょう。普通に世間の声も聞こえてくるでしょうし、何よりプロでありプロの選手と戦い、周りの投手と比べれば自分が、そのレベルに無いという事は肌で感じているでしょう。

にも関わらず戦力外にならず、球団に残れる理由は自分の中でしっかり分かっているだろうし、球団からも話はされているはずです。

昌子源は怪我が多く海外移籍挑戦失敗?短期間でJリーグガンバ大阪復帰

死に物狂いでやる必要もない

他の選手はもっと必死でしょう。生活がかかっていたり野球以外には何も無い!死に物狂いでやっている選手が沢山でしょう。

でも彼には後ろ盾があります。そんなに必死になる必要も無いのです。

別に彼を批判しているわけではありません。野球がダメでも、別の才能がある!って事なので。それもまた実力である事には変わりは無いですよね。

そういう才能を持った人はそうそうは居ません。だからこそ貴重な存在であるんです。

まとめ

斎藤佑樹投手は限界だ!限界だよ!と言われ続けているのは、もはや恒例行事とも成ってきました。

そういう状況にも関わらず、球団がクビにしない理由、斎藤佑樹本人が現役にこだわる理由をお伝えしてきました。

双方ともに客寄せとして、球団の為に動き、動いてもらっているという事

これが理由ですが、球団と斎藤佑樹投手の間ではそれで納得行っているかもしれませんが、周りの選手たちにはどう思われているのかな?という心配はあります。

そこら辺は球団がきちんとフォローするなりしている事とは思いますが。

客寄せだと言われている選手が逆に、活躍したらこれはこれで見返すチャンスだし、もっと話題にも上がるし・・・是非今年は投手としても良い成績を残して欲しい!っと1ファンとして応援して行こうと思います!