医療機関たらい回しされないために、感染予防と同じくらい重要な事とは

病院たらい回し




新型コロナウイルスの感染が広がる中、医療機関たらい回しが問題となっています。

たらい回しは、問題ですがこの病気の情報が少ない中、医療機関も手探りの状況だと言う事が想像付きます。となると感染予防と同じくらい自己防衛は重要でしょう。

医療機関のたらい回しが起きている現状や理由と、自分で出来る対策を記していきます。

医療機関たらい回し問題

読んで字の如く、医療機関・病院をたらい回しにされてしまう事です。新型コロナウイルスの報道を見ているとよく、見かけると思います。

○日にA医院を受診、体調が回復しない為、数日後○病院を受診。その1週間後、新型コロナウイルスの陽性反応で入院

結局何が問題かと言えば、最初のA医院ではコロナウイルスでは無いと判断される事です。という事は、その人は普通に生活しますよね。

もちろん体調が悪くて病院に行くくらいですから、大きなイベントや人が大量に集まるような娯楽行為は無いにしても、仕事くらいなら行くかもしれません。

新型コロナウイルスは無症状でも感染させる

という事は、A病院はもちろん、その後に接触した人達、そしてB病院、そこでも問題無いと言われ、その後陽性反応が出るまでは多くの人との接触があるでしょう。

最初のA病院で分かっていたら、その後の接触者は出ない筈なのに…

そこら辺の街医院では検査出来ません

新型と言うぐらいですから、かかりつけ医のような、街医院では検査出来ません。大きな病院で無いと検査出来ないんです。

なので最初に見抜けなかったA医院を責めるのもお門違いなんですよね。

熊本の感染者は熊本城マラソンの応援じゃなかった?情報が変わった!

医療機関たらい回しを防ぐ為に今やるべきこと

新型コロナウイルスが流行っているとは言え、世の中の殆どの人は、まだ感染していないでしょう。

また身近な人、知り合いが感染したという人も少ないでしょう。それでも、感染したらどうしようって恐れている人が多いと思います。

体もきつい、しんどい苦しい時に、病院をたらい回しにされたら…本当に辛いと思います。

感染予防と同じくらい今考えておくべき事

感染したかもしれない状況の時のシュミレーション

をしっかりしておく必要があります。体調悪くなってからでいいやとは思わないで下さい。体調悪くなると思考能力が落ちます。

そこは説明しなくても分かりますよね。体がしんどい時に、いろいろ頭で考えるのなんて無理ですから。今のうちにやっておきましょう!

当院では、新型コロナウイルス感染症に対する感染対策に取り組んでいます。

風邪の症状が長く続く場合や強いだるさ、息苦しさがある場合は、来院の前に、お住まいの地域の保健所に設置してある「帰国者・接触者相談センター」(24時間対応)にご相談ください。また、当院では、新型コロナウイルスの検査(ウイルス遺伝子検査)は行えませんので、ご心配な場合も最寄りの保健所(帰国者・接触者相談センター)にご相談いただきますようお願いします。 

これ、かなり大きな病院のHPに書いてある一文です。

大きな規模の病院でさえ、いきなり行って、コロナか検査して!って言われても出来ないんです。

なので小さな街医院に行って検査が出来ない、分からないのは当然なんですね。

じゃあ病院が分からないなら、通報してあげればいいじゃん!と思われそうですが、病院にかかる人は、新型コロナウイルスかもしれない人ばかりじゃありません。

というより、それ以外の人の方が多いです。その人達の対応もしなくてはいけません。そこまで手が回らないので、やはり自己防衛が必要です。

いきなり病院に行かない

これ重要です。自分が辛い思いするだけです!病院で待たされ、結局分からないや、風邪で済まされます。で結局治らず、別の病院に行くってのが見えています。

さらに、自分が辛いだけでなく、他人にうつす恐れがあります!

いろいろな判断基準があるようですが(発熱が4日以上とか・・・)そこら辺は置いといて、自分がおかしいぞ!?って思ったら

帰国者・接触者相談センターに相談

各、都道府県ごと、地域ごとに電話番号が違うので調べておいて、携帯に登録でもしておくと良いでしょう。

遠方に住んでいるご両親等、ネットで検索するのがあまり得意で無い方にも、そこの地域の番号を教えて置く事をオススメします。

上記で、指定された病院へ受診する

検査対応出来る病院を紹介されます。紹介された病院に必ず行って下さい。

繰り返しになりますが、別の病院に行っても検査出来ません。分かりません。分からないのに他人へうつしちゃう可能性もあります。そして本人もたらい回しにされ辛いだけです!

そしてその病院で必要であれば検査するという流れになります。

不安な点、不明な点があれば、保健所に連絡して下さい。保健所の一覧も載せておきます。

医療機関も混乱している

医療機関というより、もう国が混乱している状態でもあるようです。

検査基準が厳しい

どういう事かと言いますと、もう疑わしいなら全部検査しちゃってくれたらいいじゃん!と素人は思いますが、国が定めた検査する基準というのが厳しいんです。

感染者数を増やしたくないから、わざと厳しくしているなんて声も聞かれます。そこは実際の所がどうなのか私には分かりませんが・・・

感染拡大を防ぐには、どこの病院でも検査出来るような体制を整えないと、今後も感染拡大は止まらないでしょう。

外出自粛・自宅療養が要請された!が現実は無理ですよ!

むやみに病院に行かない!

これも自衛でしょう。新型コロナが怖いから、早い段階でちょっとしんどいような気がするからと病院に行く人が多いと聞きます。

今は病院に行く方が危険な時期とも言えます。

どれだけ、いきなり病院には行かないように!と言っても来る人はいるでしょう。逆にもらってしまう可能性がありますよね。

でも病院に行くな・・・と言われてもという感じでしょうが。。そもそも人ごみにいかず、病院にいかなきゃ行けないような体調になる事を防ぐ

体調管理に万全を期すという事ですね。不要不急の外出は控えてとよく言われていますが、まさしくだと思います。

経済回らないかもしれません。いろんな弊害出るかもしれません。でも今は外に出ない事が一番の対策である事は言えると思います。

まとめ

医療機関たらい回しが問題になっていますが、そこには医療機関や政府だけでは無く、個人の問題もあるようです。

いきなり病院に行っても検査出来ない体制は問題ではありますが、現状は、そのような状況なので、やはりアナウンスされているように、まずは帰国者・相談センターに電話!

これを覚えておいて頂きたいです。あとは病院に行かなくていいような状況にする。

娯楽も大事ですが今は、なるべく屋内で!というのも有効な対策でしょう。

一日も早く新型コロナウイルスが終息に向かう事を祈るばかりです。