筒香がホームラン!メジャーで量産出来るか?野手の成功例となる根拠

筒香




元横浜の筒香選手がOP戦で早速のホームランを打ちました。メジャーでは通用しないと言われている中でしっかりと結果を出していますね。

メジャーで投手の成功例は多い中、野手の成功例は少ない印象ですが、彼は成功の先駆者と慣れると言われています。

世間は通用しないとの意見が多い中、通用する!と言い切れる根拠を示します。

筒香オープン戦で大活躍

昨日は初打席初ヒット、その後もフォアボールを選ぶなど、出塁率100%と完璧な内容。そして本日はいきなりホームランと、メジャーでは通用しないという世間の声をあざ笑うかのような活躍っぷりです。

まだ始まったばかり、これからどうなるのか?今の活躍がフロックなのかは現時点では分かりません

しかし、こうやって活躍していると、しっかりと試合で使ってもらえる。その部分にさえ立てない人も多い中でオープン戦とは言え、結果を出し、監督チームメートに認めてもらいつつある状況というのは、出だしとしては良い感じなのでは無いでしょうか?

彼は日本ではご存じの通りの活躍でした。侍ジャパンにも選ばれる程の活躍で、日本の主砲とも言える存在である事は間違いありませんね。

メジャーでは通用しない

日本であれだけ活躍したのに、なぜこのような意見が多いのでしょうか?まずはそこから調べて行きます。

斎藤佑樹はもう限界だよ!それでも現役にこだわる理由に納得

筒香メジャーでは通用しないと言われている理由

日本人野手での成功例が少ない

投手では田中将大選手やダルビッシュ選手を始め、活躍成功!と呼べる選手は多いですが、こと野手となると意外と少ない印象です。

よく言われている言葉に日本人野手がメジャーに行くとOPSが1割落ちると言われています。OPSとは野球において野手を評価する指標の一つです。まぁ通知表とかって考えて下さい。

例えば、日本では五段階の5の評価だった人が、メジャーに言えば4の評価ぐらいに下がるって事ですね。

なのでよっぽど日本での評価が高くないとメジャーでの活躍は難しいと、挑戦する前から言われちゃう状態なんですね。

例えば、松井秀喜やイチローだってそうです。1割評価が落ちました。でも彼らは日本での評価がずば抜けて高かった。1割くらい落ちても十分活躍出来ると見られていた。

結果、活躍出来た。。という感じです。でもその成功例が少ない上に、筒香選手は日本での活躍は十分とは言え、松井選手やイチロー選手並みにずば抜けて活躍していたか?と言われると、そこまででは無いから、成功しないだなんて言われているんですね。

好不調の波が激しい

というより、好調の時が少ないような点は否めない部分でもあります。

好調時は手が付けられない程で、これは今年の成績は凄い事になるぞ!と思っていたらいきなり不調に陥り…の繰り返しですね。そしてどちらかと言えば、不調時が長いですね。。。

年間を通じて好調って年がなかなか無い。まぁ1年中調子が良いって時なんてなかなか無いでしょうけど、あまりにも好調時が少ないという印象がファンの間ではあるようです。

守備に難がある

守備があまり得意では無いというより、守れるポジションが少ないです。そうなるとどうしても、競合しちゃいます。同じポジションに筒香よりも上の選手が居たら、もう彼は出れなくなります。

他に守れるポジションがあれば、また話は変わってくるんですが、彼の場合は守れるポジションが少ないから、その同じポジションの人よりは確実に上じゃないと試合に出られないという事になっちゃうんですよね。

そういう意味では確かにレギュラーを勝ち取る。活躍するハードルが上がるのは間違いないでしょう。

ストレートに弱い

私個人的な考えではこの点が一番気がかりな点です。

筒香はストレートに弱いです。筒香のストレートの打率は231 相当悪いです。これはもちろん日本球界での打率です。そのデータは日本球界ではもちろん出回っており、他球団からはストレート勝負をされる事が多かったです。

そしてメジャーでのストレートの平均球速は149キロです。平均ですよ!日本よりも早いストレートを投げるピッチャがガンガンいるメジャーでも、ストレート勝負される事でしょう。

そこが筒香がメジャーで通用しないと言われている最大の弱点でもあります。

筒香はそれでもメジャーで通用する!

彼はメジャーに行くと決まってから準備をしてきたわけではありません。

メジャーと日本では能力もそうですが、細かい所を上げればきりが無いほど違いがあります。そこをしっかり勉強し何年も前から準備に取り掛かっていました。

例えばアメリカメジャーでは、手元で動くボールが主流です。日本の時のように、引っ張るバッティングをしていたら、通用しないと彼は判断。

ここ数年、その手元で動くボールに対応するためにバッティングのフォームの改造を行っていました。

逆方向へボールを飛ばすようなフォームへと…です。まさしく今日のホームランがそれですよね。

昨シーズン筒香の29本のホームランのうち10本を超える本数のホームランは逆方向へのものでした。これは明らかにメジャーを意識しての改造を昨年のうちからやっていたという証拠になるでしょう。

とにかく用意周到、満を持してのメジャー挑戦だったのです。

国際経験が豊か

これも大きな強みとなるでしょう。日本の野球の悪い点といいますか、これは日本球界に限った事では無いんでしょうが、サッカーに比べると国際大会で外国の選手と戦う機会が少ないです。

しかし、筒香選手はワールドベースボールクラシックやプレミア12という国際大会に日本代表として選ばれ、外国の選手と対戦しています。

しかも1試合や2試合では無く相当多くの場数を経験している点はとても大きいです。

外国の選手特有の癖や球筋もしっかり経験しているという事になります。

昔はそういう国際大会もあまり無く、外国の投手との対戦経験も無くいきなりメジャーへの挑戦だったので、野手の成功例は少なかったですが、今は違います。

それらの点を加味して考えると確実にプラスに働きます!

守備次第という面もある

上記で述べた通り、バッティングは普通にやれば通用する実力派あると考えられます。

なのでやはり成功のカギは守備でしょう。

一塁やDHでの起用を考えられているでしょうが、出来れば他のポジションも守れるようになれば、更に活躍する可能性も大きくなる事でしょう。

トータルで考えても、彼はメジャーで少ない野手成功例になれる!と考えます。

まとめ

筒香選手がオープン戦でホームランを打った事により、メジャーで通用する、しないの意見を両面から見てみました。

メジャーでは投手の成功例は多いものの、野手の成功例は少ないのは実情。そんな中で彼は野手の成功例にしっかりとなれる根拠が揃っています。

未だに筒香はメジャーでは通用しないとの意見も多いので、彼にはそんな意見をどっかに吹っ飛ばすくらいの活躍をしてもらいたいですね!

筒香選手の今後の活躍から目が離せません。日本の代表として頑張ってもらいたいです!