モラハラ夫(妻)豹変を結婚前に見抜く11のリスト

モラハラ豹変を 結婚前に見抜く10項目




※ 2020/01/06 №11 追加

モラルハラスメントに悩んでいる人に言いたいのが、モラハラ夫(妻)は豹変前に結婚前に見抜いて!という事です。

モラハラ夫(妻)を結婚前に見抜く11のリストを書いています。是非一度冷静になり読んで頂き、モラハラ人間とは結婚前に離れましょう!

モラハラしている時が通常運転中

結婚後に豹変しモラハラ夫(妻)に変わった!と良く話を聞くが
実際はそうでは無く、モラハラしている時が通常運転中で”優しい時”が我慢している
状態なんだと。妙に納得した。
結婚後にスイッチがオンになったわけでは無く、結婚を機に努力するスイッチが
オフになったと考える方が自然かと。モラハラするような人格は1年や2年で形成されたもの
では無い、育った家庭環境、小さい頃からの積み重ねで、そういった人格が出来るのであろう
から、結婚した後モラハラ人格に変わったというわけでは無いのであろう。

付き合い立てや、結婚までは、そういう人格を隠し、自分の悪い部分は見せないように。
そして結婚した後は通常運転に戻る。言い方替えれば、釣った魚に餌をやらない状態
釣ってしまえばこちらのもんだ。後はモラハラスイッチをオフにしても問題無い。
モラハラ人格の本領発揮。。という事で結婚を機にモラハラ夫(妻)に豹変するのだろう。

モラハラ夫(妻)の見抜き方

では、どうやってモラハラ人格を見抜けば良いのか…
特徴があるので、私が考える特徴を11項目挙げた。

周囲・近所・親戚からの評判がいい

モラハラ夫(妻)は周囲の評価をとても気にします。なので自分に対しての態度と
近所親戚に対する時の態度が違います。コミュニケーション能力も高い方なので
廻りからの評判も良いです。だからこそ被害者も声を上げられないという苦しさもあります。
周囲からは自分(被害者)よりもモラハラ夫(妻)の方が評判が良いんですから
被害を訴えても信じてもらえないだろうという難しさもあります。
自分に対する態度と、ご近所や親戚との態度があまり違い過ぎる場合は要注意

店員さんなどには態度が悪い

近所や親戚の評判は気にする反面、お店の店員さんなどには態度が悪いです。
お店の店員さんの評判を気にする必要は無いという位置づけでしょう。
私が思うに”まともな人”なら赤の他人である、店員さんにタメ口で話さないはずです。
店員さんなど他人に、タメ口で話す人は要注意
店員さんなど、立場的に下(こちらがお客さん)の時に態度が悪い横柄な人は要注意

必ず他人のせいにする

トラブルがあると必ず他人のせいにします。
例)何かを手渡して、それが落ちてしまった場合
自分が渡すほうだった場合…ちゃんと受け取ってよ!!
自分が渡される方だった場合…ちゃんと渡してよ!!
どちらのパターンでも、悪いのは絶対に相手です。自分が悪いなんて認めません。
忘れ物した時も、急がせるから忘れた、持って来てくれるよう頼んだ!
チェックするのは○○の仕事だろ!など理不尽に言い逃れをし、決して自分の責任とは
ならない思考回路になっています。
何かトラブルが起きた時、相手のせいにする(事が多い)人は要注意

他人に厳しく、自分には糞甘い

とにかく自分には甘く、他人には厳しいです。同じ失敗しても自分は笑ってごまかし
他人のは鬼の首を取ったように怒ります。長く付き合っていると、ほぼほぼ同じような
失敗やらかしは出てくると思います。その時に思い出して下さい。
他人に失敗は叱責し、自分の失敗は無かった事に笑ってごまかすようなやつは要注意

批判、悪口が多い

対人関係はもちろん、何に対しても批判ばかりしている。
仲の良かった友人だったと思えば、いつの間にか悪口ばかりになっている。
他人の車の運転やお店の人の対応など批判ばかり。端から見れば、怒るような事でも無い
事への批判。テレビに映る芸能人、一般人、テレビ番組内容など等に対する批判。
他人や物事に対して不平不満ばかり発言しているやつは要注意

謝罪はしない or 相手から

長く付き合い、結婚を考えるともなると1度や2度くらいケンカとは言わないまでも
言い合いくらいはするでしょう。それ自体は悪い事とは思えないんですが、ここでも
特徴が現れますので要チェックです。ケンカしても絶対に自分からは謝りません。
明らかに悪い場合でも関係ありません。負けたくないだけなのですから。
謝罪しない、もしくは自分からは謝罪せず、相手が謝れば謝る事もあるようなやつは要注意

話し合い時、論点のすり替えが上手い

モラハラ夫(妻)は決して謝罪しないという事は上記で書きましたが
その手段として ”論点のすり替え” を多用します。話し合いや言い合いで、形勢が悪く
なったと見るや、論点をすり替え、形勢を立て直そうとします。モラにとっては謝る事は
負ける事なので、絶対に謝らない方法に持っていく手段として ”論点のすり替え”を
行います。ケンカした後、こちらから謝罪して仲直りしたにも関わらず、何かずっと
もやもやしていませんか?
論点すり替えを多用してくるやつは要注意

モラハラ夫(妻)とその親の関係が特殊

相手の親を見て下さい。モラハラ人格になるような子の親にも、何かしら問題が隠されている
事が多いです。例えばいい歳して、ママの言いなりになっているような、俗に言うマザコン
危険でしょう。親離れも子離れもしていないという特殊環境。そして長年そういう
”支配関係”を見てきて、それが当然と思っているのですから、結婚後そういった関係になる
可能性は高いです。また逆のパターン、モラ夫(妻)が実の親を支配している場合も要注意。
相手の親子関係が特殊、普通じゃないと感じるようなやつは要注意

喜怒哀楽が激しすぎる

人間誰だって喜怒哀楽はあります。しかしそれが異常に顕著に現れます。
不機嫌な日は周りが何をやってもダメです。そしてその不機嫌の理由を聞いても
教えてくれない。被害者はどうしていいか分かりませんよね。そのような日はこちらも顔色
を伺い1日過ごし、疲れます。と思ったら、すっごくご機嫌で。。その繰り返し。
ご機嫌な日が楽しいからと、不機嫌な日の事を忘れがちですが・・・
喜怒哀楽が激しすぎるやつは要注意

全てモラハラ夫(妻)のペースでの生活

生活する上で、他人同士が生活するのだから個々のペースはあると思う。
一方は○○がしたい、行きたいと思っても、一方はそんな気分じゃ無いという事も。
自分の意見が殆ど通らず、相手の意見、やりたい事ばかりはフェアじゃない。
買い物行きたいとモラが言えば、行きたくなくても行かないといけない。
買い物行きたいとこちらが言っても、モラが行きたくないと言えば行けない。
セックスもそう。相手がやりたい時だけ求められ、そうで無い時は拒否。
相手のペースばかりの生活を強いるようなやつは要注意

これより下はSNS等で書かれていた事で共感出来ると感じた項目を
追記していきます。

⑪ イレギュラーに対応出来ない

モラハラ人種は自分のペースを大事にします。逆に言うと、ペースを乱されるのを
嫌います。事が順調に進んでいる時には問題の無いような工程でも、何かイレギュラーが
起こると、途端にパニックになり?そのイライラを周りにぶつけます。
例えば、その時に食べたいお弁当がありコンビニに向かったとする。
そのお弁当が無い場合、普通ならば、別のにしておこうになると思う。しかしモラは
お目当てのお弁当が、目の前に無い事(イレギュラー)にイライラし始める。
別のコンビニに行くのにも、イライラ。
料理作っていて、途中でお皿割ってしまったら、工程が頭の中で分からなくなりパニック
行こうと思っていた病院が休みだった場合パニック。代替案を出しても、すぐには
受け入れる事が出来ない。

イレギュラーが起きた時、テンぱり、周りにあたるやつは要注意

離れるなら結婚前!これ絶対!

以上、10項目を上げましたが、彼(彼女)はどうでしょうか?
全て当てはまっているなら、間違えなくモラハラと自信を持って言えます。
全部では無くても、多くあてはまる場合、一度冷静になり相手を見てみるといいかも
しれません。そして相手がモラハラだ!と確信した場合、別れるのは結婚前!
結婚してしまうと、そう簡単には別れられません。子供が居たらなお更です。
また良く聞いた事あるでしょう・・・

離婚は結婚の何倍も大変

自分の彼氏(彼女)に限ってそんな事無い。
あてはまる項目多いけど、普段は優しいし。など認めたくない人もいるでしょう。
普段優しい?当然ですよね。普段では無く、何かイレギュラーがあった時にこそ
相手の本質が見れると思います。機嫌が良い時、楽しい時では無く、雰囲気が悪い時
言い合いの時、ケンカの時に冷静になって観察してみて下さい。

別に別れる事を推奨しているわけではありません。ただ結婚してしまうと別れるの
大変です。結婚してからでは遅いとは言いませんが、無駄なパワーをたくさん使って
しまう事になるのは確実です。ですので、気付いたら早めに対処です。そしてもう一つ
モラルハラスメントは治りません

これもよく言われる事です。専門家では無いので本当に絶対に治らないのか?は
分かりませんが、治すのが困難である事は間違え無いと思います。
まず本人にはその自覚は無いですから、まずはそれを認めてもらわないといけません。
認めてもらった上で、医療機関なりに受診をしてトレーニングを受けて初めて
改善されていく可能性も出てくるのでしょうが…まずモラハラ夫(妻)は認めません
私も何度が勇気を出し伝えましたがダメでした。認めないどころか
モラハラはお前だ!と逆にこちらの方に精神異常がある等、逆ギレします。
認めないなら、その先には絶対に進めません。
認めさせるのが困難だから、モラルハラスメントは治らない
と言われているんだと思います。

参考サイト
私はこのサイトを読んで、モラハラは治らないんだと確信を持ちました。

最後に

以上が私が考える、結婚前にモラハラ夫(妻)の豹変を見抜く11リストです。他にも書いてあるサイトはあると思いますので、それらも含めて読んで頂き、相手を観察して頂けたらと思います。

あまりにも多くの項目に当てはまり落胆している方もいるかもしれません。
しかし、本当の地獄はモラハラ被害に遭ってしまってからです。
相手はモラハラかもしれないという疑念を持っている方に、一度立ち止まり相手を
冷静な目で見てもらえるきっかけに少しでもなったなら幸いです。

少しでもモラルハラスメントの被害にあう人が減りますように。
モラルハラスメントから抜け出せる人が1人でも増えますように・・・
祈っております。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ                    






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です