ニオイの日はスメルハラスメントを考える日?ニオイの日の由来とスメハラ

臭くて鼻をつまむ




2月1日はニオイの日です。201 ニオイでこの日になったというのは、何となく想像できますが、実際どういう由来があって2月1日がニオイの日になったのか?

また、現代はスメルハラスメントという言葉も頻繁に聞かれるようになるなど、ニオイについて厳しい、時代となっていますね。

ニオイの日制定の由来やいきさつ、スメルハラスメントな現代との関係も調べてみました。

ニオイの日

2月1日はニオイの日。年中何かしら○○の日と言うのが設定されていいるみたいですね。
ニオイの日は2000年(平成12年)にP&Gのファブリーズ暮らし委員会よって制定されました。ファブリーズは消臭剤の先駆け的な存在ですよね。

確かに2000年前後あたりから、ニオイに対する意識が強まり、芳香剤⇒消臭剤へと変化したのを感じます。例えば車の中では、あのどきつい芳香剤というのも減り、今は消臭する事に重きを置いている時代ですね。

じゃあ、ニオイの日って何をする日?なのという疑問が・・・まぁニオイについて考えてね!って日ですね。どちらかと言えば、私達一般市民向けの日というより、ファブリーズを始めとする消臭商品の普及開発を目的とされた企業向けの日といった感じでしょうか。

ニオイの日とスメルハラスメント

ニオイの日で思い出したのが、最近言われているスメルハラスメントという言葉。通称スメハラですね。スメル:ニオイ ハラスメント:嫌がらせ という意味ですが、ニオイに厳しい現代となっていますね。

嫌なニオイ
  • 香水のニオイ
  • 柔軟剤のニオイ
  • 化粧品のニオイ
  • タバコのニオイ
  • 口臭
  • 体臭

これらが、代表的な嫌われているニオイですね。長時間一緒に過ごす、会社でこういったニオイがきつい人が隣に居たら確かに辛い・・・

しかし、疑問が一つ浮かびませんか?上記リストのニオイって全部昔からあるニオイですよね?なんで最近になってスメルハラスメントだ!などと頻繁に言われるようになったんでしょうか?(柔軟剤は昔はここまでニオイがきつくなかったとは思います)

スメルハラスメントが流行っている要因

スメルハラスメント

上記の通り、ニオイって昔からあったものばかりですね。それなのに現代になって声高に臭い臭い言われるようになった要因として・・・

タバコが要因

ですね。タバコも昔からあったじゃん!と思われますよね。そうなんですが、タバコって昔はどこででも吸えましたよね。喫煙率も今より遥かに高かった。あの狭い機内で吸えてた時代があるんですから、今となっては信じられません。

私自身も10年前くらいまで吸っていましたが、今は完全に止める事に成功しています。今の喫煙者は吸える場所がどんどん少なくなる上に、周りからの白い目も感じるので、肩身が狭いと聞きます。その前に止められてた自分は偉い!って思いますね。笑

喫煙率も下がり、自分も吸わなくなり、タバコのニオイを嗅ぐ事が激減した今だからこそ思う事・・・

タバコのニオイってかなり臭い

昔、自分も吸っていた方の人間です。タバコを吸う人の気持ちは分かるので、完全に拒否しようなどとは思っていません。しかし、、本当に臭いです。タバコの煙を直接吸う時は言うまでもありませんが、吸ってきた人の洋服に付いたニオイも強烈です。

タバコのニオイでその他のニオイが打ち消されていた

どこでも吸えた時代。職場はもちろん公共交通機関、レストラン、百貨店 あらゆる場所で、本人が吸っていなくてもタバコのニオイを嗅いでいましたね。

その強烈なニオイがその他のニオイ(香水や体臭など)を打ち消していたと考えられますね。そのニオイが減って来たので、より香水や柔軟剤のニオイが強く感じられるようになり、スメルハラスメントという事が頻繁に言われるようになりました。

女性の社会進出が要因

女性は男性に比べ、美意識を高く、またニオイにも敏感です。その女性が社会進出し、職場のニオイについて言われるようになったのも要因。

昔と比較し職場での女性の割合が増えましたね。ニオイに敏感な女性社員が増えて、ニオイを指摘する声が多くなったため、スメルハラスメントが言われるようになりました。

まとめ

まとめ
  • ニオイの日は2000年にファブリーズで有名なP&G社が制定した日
  • ファブリーズをはじめとする消臭剤が発売された以降は芳香剤⇒消臭剤へとニオイ対策が変化している
  • スメルハラスメントという言葉がしきりに言われるようになっている
  • スメハラ流行はタバコ(禁煙が広がった)が要因
  • 女性の社会進出もスメハラ流行の要因

何でもかんでも、○○ハラスメントという風潮はどうかと思いますが、ニオイってデリケートで本人には伝えにくいけど、被害者は苦しまされる問題ですよね。

2月1日がニオイの日という事をきっかけに、ニオイについて、スメルハラスメントについて、改めて考える機会にするのもいいかもしれませんね。

以上、ニオイの日の由来と、スメルハラスメントについてでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ