なぜ?コンビニレジ袋有料化されるのか?売上落ちるのでは?

レジ袋有料




コンビニのレジ袋が来月からついに有料化されるとの事。

しかしコンビニがレジ袋有料化すると売り上げは減るはず。にも拘らず有料化に踏み切った理由は何なんでしょうか?

あと私たちが今後気を付ける点なども書いて行きます。

スポンサーリンク

 

コンビニレジ袋有料化

以前からプラスチックゴミの発生を抑えるため、幾度となくレジ袋の有料化は言われてきました。

現在でもスーパーなどでは既にレジ袋が有料になっている所は多くありますね。

しかし、コンビニはその特性上、フラッと行ってフラッと買い物出来るのが特徴。ちょっと寄って買い物しようという感じが多いですよね。

となると他のスーパーのようにマイバッグを持ち歩き店内に入るというのも、何かちょっと煩わいいような…

そういう声が多く、売り上げが落ちる事を心配してか?コンビニ業界からはレジ袋導入には反対との姿勢を取っていました。

コンビニレジ袋は有料化義務付け対象外

実はコンビニのレジ袋は有料化を義務付けられては居ないんです。

大手3社は植物由来のバイオマス素材を30%配合したレジ袋を採用。配合率25%以上の場合は有料化義務付けの対象外

上記に関して詳しくは他サイトに書いてありますので、見て頂ければ分かると思いますが、要はプラスチック素材以外の素材を一定以上含んでいたら、義務化対象から外しますよという事です。

コンビニ大手3社はいずれも”対象外”の素材を使っているから、有料化する必要は無いんですよね。そして有料化したら確実に客足は減るでしょう。

・ちょっと買い物に行きたいってだけの時に、手に持てるだけで買い物を抑えてしまう

・コンビニにわざわざマイバッグを持ち歩かない

・コンビニに行くメリットが大きく減る

即ちコンビニの売り上げが下がるという事になりますよね。素人が考えても分かるんですから、もちろんコンビニの上層部も分かった上での事でしょう。

コンビニが有料化に踏み切った理由

一番の理由は世間の流れ、世間の目です。このご時世レジ袋を無料でいつまで配っていては世間の評判が悪くなるというのが一つ。

売り上げが上がる

上記で話した話とは逆になってしまいますが、素人が考えるとレジ袋有料化すると売り上げが減っちゃうと思いがちですが

実は逆で今まで無料で配っていたレジ袋から数円でもお金が取れるので、売り上げが上がるんですよね!

コンビニがレジ袋を購入する際、もちろんお金がかかります。今まではそれを無料で配っていたわけで、まるまる経費として支払っていました。

それを数円でも貰えるわけですから、単純に今までの売り上げ+レジ袋の売り上げが増えるという事ですね。

コストを増やす事無く、収入を増やす事が出来るのでコンビニとしては良い事だらけという事になる。

しかし、じゃあ逆に今までなんで有料化しなかったの?という疑問が出てきますが…

自社だけがレジ袋を有料化にしてしまうと、客が他社に流れれてしまう恐れがあったというもので、どこもそれを恐れて踏み切れずにいたんです。

だったら、例えば携帯の三社もだいたい同じような料金プランですよね。同じようにコンビニも大手3社で話し合い「レジ袋を有料化しない?」

と決めれば良いように思ってしまいますが、それは独占禁止法のカルテルに該当しそうで、踏み切れなかったんじゃないかと推測されます。

政府から「レジ袋の有料化は義務だ」と言われれば、これは三社にとって待ってました!って感じですよね。

自社がレジ袋有料化しても客がライバルに逃げないことで、三社とも”その恐れ”は無くなったという事になりますからね。

スポンサーリンク

 

まとめ

コンビニレジ袋の有料化が7月からいよいよ開始されます。

利用者にとっては不便になってしまいますが、これも時代の流れですよね。コンビニにとっても、レジ袋分の売り上げが上がるというメリットはありますが

レジ袋が無くなった事により、ポイ捨てが増える事などが予想され、新たな対策が必要になってくるかもしれません。

今まで当たり前に貰えていたコンビニレジ袋、今後有料になる事で

有料でも気にしない、手で持ち帰れる分だけ買う、コンビニに行く機会が減る。などコンビニの利用方法もそれぞれに変化していく事でしょう。

コンビニも次の時代に入ったという事ですね。