サガン鳥栖への救済策は?【身の丈超え経営】のしわ寄せ!

サガン鳥栖救済策




J1サガン鳥栖が資金難に陥っていると報道されましたが、今後サガン鳥栖への救済策はどのような物になるのでしょうか?

身の丈超え経営をしていた感が否めない鳥栖に対して過去の救済策が取られるのか?

身の丈超え経営のしわ寄せに対する、救済策の可能性を探って行きます。

スポンサーリンク

 

サガン鳥栖か資金難 救済策は?

J1サガン鳥栖が資金難に陥り、存続の危機だと報道されました。

ここ数年は、元スペイン代表のフェルナンドトーレスを獲得するなど、かなり思い切った事もやっており、資金にも余裕があるのかな?と考えていた方も多いと思います。

しかし、現状は話題作りで一時的に観客動員の微増はあったものの、主な資金源であるスポンサーの開拓は出来なかったと言われています。

超人気選手獲得(先行投資)⇒観客も増え、スポンサーも増えると予想。それでやり繰り出来るとの計算が、スポンサーが獲得出来なかった事で計算が狂ったというわけですね。

5億8100万円の赤字

2018年度の赤字額です。もちろんJ1のクラブの中では最大です。

完全に投資に失敗した形となっています。

それだけに止まらず、背中スポンサーのcygames(サイゲームス)が離れ、胸スポンサーのDHCも離れるという事態で更に経営が悪化したようです。

サガン鳥栖への救済策は?

もう鳥栖だけで解決出来る範囲を超えています。となると何らかの救済策が取られない事には、クラブ存続が出来なくなるという事になります。

リーグ戦安定開催融資制度

まず最初に候補に上がるのがこれです。リーグ戦安定開催融資制度とは

本融資制度は、Jクラブの資金難によってJリーグ規約第 40 条第1項に定める公式試合
の開催が危ぶまれる事態となった場合に、当該公式試合が属する大会の終了までの間、大
会を無事に終了させる目的で、JリーグがJクラブに融資を行うものである。

簡単に言うと、リーグ戦の途中で抜けられても困るから、大会終わるまでの当面の資金を融資しますよという事です。

しかし、この制度を利用するとペナルティがあります。

制度融資を受けるクラブに対する制裁として、融資の決定と同時に、原則として勝点を10 点減ずる。

とされています。もし仮にどうしようも無くなったら、この制度を利用するというのが最初の候補なのですが、異論が噴出しています。

身の丈に合っていない経営をしていたのに融資するの?

という意見。Jリーグのチームは一部を除いて、そんなに経営が潤っているわけではありません。そんな限られた資金の中で、身の丈にあった経営をしています。

サガン鳥栖の場合は身の丈を超えた経営をしてしまっていたと判断されてもおかしくない経営を行っていました。

資金が厳しい状態で、サッカー界での超大物のフェルナンドトーレスと獲得していて、それも要因で経営が圧迫しましたとなると同情の声が少ないのも頷けます。

パソコン持っているけど、性能が悪くて仕事が捗らず稼げないんだよね。お金無いけど、性能が良いパソコンを買えば稼げるから、借金してでも買おう!・・・買ったけど稼げない・・・お金貸してーーー助けてーーー

という状態ですね。同情は出来ませんよね。

身の丈にあった経営をしていて、それでも苦しくなり助けを求めるなら分かりますが、身の丈を超えた経営をしていてこれでは、批判の声が大きいのも頷けます。

リーグ戦安定開催融資制度利用の問題

救済

上記でこの制度を利用すると勝ち点10点が減らされるという事は書きましたが、これに関しても問題があります。

サガン鳥栖J1での成績

年度成績-10だった場合
2012年5位14位
2013年12位15位
2014年5位8位
2015年12位17位
2016年15位18位
2017年8位14位
2018年14位17位
2019年15位18位

J1は、16位~18位が下部リーグに降格します(昨年は16位は入れ替え戦があった)

赤文字で記している年度は、もしー10点されていたら、下部リーグに降格してしまっていた年です。何が言いたいかと言うと、、ここ数年鳥栖の成績は芳しくないという事です。

過去5年中4年は、ギリギリでJ1残留を果たしています。

なので今年も普通に考えると、J1残留出来るかどうかの位置づけのチームかと思います。

仮に制度を利用しー10点減点されたら、高確率で下部リーグへの降格でしょう。

今年は降格制度が無い可能性

新型コロナウイルスの影響で未だにリーグ戦の再開の目処が立っていません。全ての日程を消化するには既にギリギリのラインとの事。

そこで今年は降格制度を無しにして1年間なんとか日程を消化させようという案が浮上しているようです。

その制度の賛否はここでは置いておきますが、、となると

鳥栖にとって都合の良い事だらけじゃん

スポンサーリンク