会社で香水がきつい人が臭くてたまらない 臭い対策や伝え方は?

香水




突然ですが香水は好きですか?私は好きでも無ければ嫌いでもありませんでした。

しかし会社にとてもきっつい香水をつけてくる人が居て、それが臭い!香水付けるなとは言えないけど量を加減して欲しいですよね。

しかし臭いとは言いにくい…会社での香水対策、本人への伝え方を考えました。

スポンサーリンク

 

会社に香水がきつい人が…

現在はスメルハラスメントという言葉も出てきましたね。スメハラとは、匂いによって周囲を不快させる事なんですが

最近は人工的な臭いが増えてきた事も、こういう言葉が生まれたきっかけなのかもしれませんね。

今回取り上げる香水もそうですし、最近では柔軟剤も匂いが強いですね。制汗剤や芳香剤なども一例でしょう。

そういった人工的な匂いが苦手って人が多いんですよ。

その中でも特に香水はよく問題視されますよね。上記でも言いましたが、私は別に人工的な匂いが苦手でもありませんし、香水も嫌いではありません。

しかし、会社に強烈な匂いを発する香水をつけてくる人が来てから完全に苦手になりました。

会社は逃げられない

これ辛い所です。例えば電車内で臭い香水付けている人いたとしても、少しの時間我慢するか?席を移動すれば良いですが

会社ではそうはいきません。同じ部屋、隣の席などならもう1日中その匂いから逃れられないんですから、もう苦しいですよね。

香水等の匂い対策

匂いってデリケートな話題だからこそ、本人にも言えないんですよね。簡単に言えれば悩みませんし…

以下に伝え方を書いていきますが、やはり一人では実行しない事が重要になります。

言われた方は少なからず傷つくはずなので、それで逆恨みされても困りますからね。匂い対策は出来ても他のトラブルが発生したら本末転倒ですから。

臭いと思っている仲間を見つける

匂いが強烈であればあるほど、同じように臭い!と思っている人はいるはずです。普段の会話の中で個人名は出さずに話を持っていきましょう。

 

なんか最近香水だか、柔軟剤だか分からないけど、匂いしない?

こんな感じで良いかと。とにかく個人名は言わずに、そして”臭い”って単語も使わない方がいいでしょう。

 

ここで誰かが、ちょっときついよねーとか臭いとか言ってくれたらこっちのもの、次の段階に進めば良いと思います。

逆に誰も匂いに気づいていない、臭いとも思っていない時はこの方法で行きましょう。

化学物質過敏症

人工的な強い香りが原因で【化学物質過敏症】を発症する人がいます。長時間香る香水や柔軟剤など【香害】によって引き起こされるものです。

症状としては頭痛、吐き気、眩暈などあらゆる症状がありますが、基本的な治療法はありませんので、その時々の症状で安静にするなり、頭痛薬飲むなりで対処するしか無いのです。

これは本人の気分次第や、気にしすぎだよ!という精神論で何とかなるものでは無く、体が反応してしまうので本人はどうしようもありません。

で、話が前後しますが、この化学物質過敏症を使うと良いと思います。

そういう病気が今、ある事。香水などが要因で突然発症する事もある事を話します。

そうやって周りの”匂い”に対する理解を深めた所で、会社の上層部に話を持って行きましょう。

会社の規模が大きく、衛生委員会的なものがある会社ならばそこでも良いでしょう。

【スメルハラスメント】【香害】【化学物質過敏症】

という単語を用い、会社の上層部と掛け合いましょう。すると空気清浄機を置くなり、各フロアや各机に脱臭剤を置くなりと対策を打ってくれると思います。

当然、その程度で臭い匂いが全て解消はされません。ただ、そういう話があった、そういう病気やハラスメント、害も存在すると知ってもらうのが本当の狙いです。

普通の神経の人ならここで、香水を止めるか、止めなくても量を減らすなり周りに配慮してくれるはずです。

スポンサーリンク

 

香水がきつい人の心理

ここからは余談になりますが、なぜ人は香水を付けるのでしょうか?

そもそも基本的に日本人は無臭なので香水は必要無いと言われています。にも拘わらず香水をつける、ましてや大量につける人の心理は…

あなたの周りでは若い人と中年どちらが香水きついですか?

香水って若い人がつけているイメージじゃないですか?確かに夜の街や、繁華街で香水臭いなぁと思うのは、若い人が多いです。

しかし、会社で香水臭い人はだいたい中年の方です。私の会社では中年ばかりですね。

若い子で臭い子は少なくとも私の会社ではいません。。ここがポイントなんですよね。

加齢臭への過剰な恐怖心

これなんです。人間誰しも歳を重ねます。歳を取ると加齢臭を発します。これは男性でも女性でもです。

嫌ですよね指摘されるの…汗臭いと言われるのとはまた別な、そんな歳になってしまったのか…と落ち込みますよね。

家庭内で誰かに言われた事あるのかもしれません。おやじ臭いとか、おばさんの臭いがするとかw

そのショックや恐怖心から、会社ではそういう風に思われたくない!という過剰な恐怖心から香水で誤魔化そうとしているんですよね。

まぁぶっちゃけ、そこまで自分の臭いを気にしているような人、匂いの意識が高い人は香水なんかつけなくても、周りが不快になるような加齢臭は発していないんですけどね…

とにかく加齢臭への強い恐怖心から来ているもの…って考えると少しは気が楽になるかもしれません。

可哀想だなーとか、そこまで気にしなくていいのにとか、加齢臭より臭いぞ!!wとか思っておいて下さい。

それでも臭いものは臭いですけどね!

まとめ

会社で香水のきつい人が臭くてたまらない!と悩んでいる人が多いようです。

匂いというデリケートな話題の為、伝えるのも躊躇すると…

伝える時は周りを巻き込んで上層部に伝える。スメハラ、香害、化学物質

という単語を使い訴えるのが良いでしょう。

そして、香水がきつい人は中年に多く、それは加齢臭への過剰な恐怖心から来るものという事も覚えておいてもらえればと思います。

会社内ならば1日中逃げられない香害辛いですよね。少しでもこの記事が参考になれば幸いです。、