【国民1人10万円給付】欲しい!叩かれているが良い案だと思うよ!

国民1人当たり10万円




新型コロナウイルスに関連した、緊急対策会案として、国民1人当たり10万円を給付する案が浮上していると報道されました。

これを受け、財源はどうするんだ?など政策を叩く声が多くある一方で、10万円欲しくないの?これを叩く意味が分からないという声も見られました。

賛否両論を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

国民1人当たり10万円給付

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、国民民主党がまとめた緊急経済対策案の一つとして、国民に1人当たり10万円を給付するというものです。

その他にも消費税を5%に減税する(最長2年)案などが出ているようです。

とにかく今は東日本大震災やリーマンショックを超える経済の停滞、経済危機に陥っている事を受けての対策です。

個人事業をやっている人などは既に実感あるのかもしれませんが、個人的には今の所、そんなに大きな影響は感じていませんが、政府がここまで早急に対策を練るというくらいですから、事態は深刻なのでしょう。

批判が殺到

この政策を受けて、批判の声が多く聞かれています。

まずは財源どうするの?の声。当たり前ですが日本にそんな余裕はありません。どこからそれを捻出するのか甚だ疑問ですね。

また、結局国民から徴収した税金を再分配するだけ??という声もありますね。

ただの人気取り(選挙対策)?

との声も多いですね。昔そういう事例ありましたよね。

お金を貰える!と聞いて嬉しくない人は居ませんよね。貰えるものは貰いたいです。特に生活に困窮している人であればなお更でしょう。

昔、こういう政策に踊らされて政権交代した事がありましたね。今回もそれを狙っているという穿った見方をしている人も多いようです。

批判している意味が分からない!

そんな中で、批判している意味が分からない!叩いている意味が分からない!という声も多くあります。

お金欲しくないの?貰えるもの貰っておけばいいじゃん!なんでも批判するなよ!という声があるようです。

政策自体に賛成(10万円欲しい)人と反対の人がいるようです。反対の人は10万円が欲しくないのでは無くて、他に廻して欲しいや財源が心配との声です。

10万円くらいはした金

と批判が多いようですが、よっぽど生活に困窮している人で無い限り、確かに10万円はそれほど大きなお金とは言えません。

5人家族で50万円という見方をすると大金!ではありませんね。これを貰ったら人生が変わる!などという金額では無い事は分かって頂けますよね?

そもそも昨日発表があった、子育て世帯3万円支給もそうですが、こういった現金ばら撒きの政策の意図は消費して欲しい!って事です。

はした金だからこそ消費しませんかね?

消費してもらうのが政府の思惑だとしたら、その通りの結果になりませんかね?

これが1万円とか、もっと小額なら貯金します。恐らく全く使わないって家庭も多いでしょう。でも10万円という、大金では無いけど、小額でも無いという金額。

全額使うか、少し使うかは個人や家庭でまちまちだとは思いますが、私は少しは使います。

新型コロナの影響で自粛ムード、遊びになんて行けない状況。子供には我慢させていると思います。文句も言わずにお家で遊んでくれている子供・・・

落ち着いたらどこかに遊びに行きたいし、何か買ってあげたいと思います。

なので10万円もらえたら、その中の一部で買ってあげるでしょう。そして貰えたお金があるから、通常よりも少しだけグレードの高いもの買ってあげるかもしれません。

というような親は多いはず。だとしたら、消費を促し、経済が回復するという思惑としてはあっていると思います。

はした金なんていらない!という意見が多いですが、はした金だからこそ消費を促す事も出来ると私は思います。

10万円是非給付して欲しい!

飲食店

いろいろな業界方面で影響は出ていますが、特に飲食店などはその影響が大きいようです。

その飲食店関係、飲み屋、居酒屋、ファミレス・・・などの関係者からは是非是非実施して貰いたい!との切実な声が聞かれます。

飲食店などの狭い空間では感染リスクが高いとの声から、特に敬遠している方が多いようで、飲食店の売り上げの落ち込みは他と比べても顕著に現れているようです。

10万円給付されたらどうでしょう・・・ちょっとおいしいもの食べに行こう。ちょっと飲みにいこうってなりますよね。

本来はこういう遠まわしの対策で無く、売り上げが落ち込んでいる飲食業業界に直接、支援するようなシステムが早いんでしょうけど、こういう10万円支給などで、消費を促す事は悪くないと思います。

結局溜め込む人も多いのでは?