コロナ感染リスクでもパチンコ屋通いをやめられない人とは

パチンコがやめられない




新型コロナによる行動自粛の範囲がどんどん広がっていますが、パチンコ屋はその対象に入らない事に疑問を感じている人が多いようですね。

そしてコロナ感染リスクがあるのにも関わらずパチンコ屋通いをやめられない人はどんな心理状態なのでしょうか?

スポンサーリンク

 

コロナ感染リスクでもパチンコをやめられない

そもそも、これだけ新型コロナの感染が広がり続け、国内で初となる非常事態宣言が出され、行動自粛の範囲もどんどん広がっているのに、なぜ?パチンコ屋は対象とならないのか・・・まずそこが疑問ですよね。

そして、これだけ毎日のように報道され、感染者も爆発的に増えている。人とは離れましょう。家にいましょう。不要不急の外出は控えましょう・・・

と散々言われているのに、、どう考えても不要不急のパチンコ屋に感染のリスクを負ってまでも出かける人はどんな考えなのでしょうか?

パチンコをやる人の心理

私も10数年前まではパチンコに相当嵌っていた時期がありました。もう毎週末通っていましたね。始めた当初こそ、その機種の演出や音楽が好きなどでしたが、それも次第に変化していき

お金を稼ぎたいから

通うようになっていました。まだ若く給料も少なかったので、その補填として遊びながらお金稼げるなんてこんなにおいしい事はありませんからね。

1日で20万以上勝った事も何度もあります。しかしトータルで見ると勿論、負ける日の方が多く、いくら負けたのか額は分からないくらい使い込んだと思います。

ギャンブル性が高かった

昔の機種はとにかくギャンブル性が高かったですね。それが問題となり今の機種は随分と緩やかになっているようです。

そして以前と一番大きく変わったのが、低貸が増えた事です。

パチンコやった事ある人なら知っているかと思いますが、1円パチンコって聞いた事ありますか?昔はそんなのありませんでした。

昔は4円パチンコのみでした。それのみだったので、4円パチンコという呼び方すらされていなかったですね。

ようは投資額も4分の1、勝敗額も4分の1。ローリスク・ローリターンという感じになりました。これによりギャンブル性が低くなり、依存している人を救おうというものだったのですが・・・

私は個人的に逆につまんなくなり、きっぱりと止められました。だって例えば今まで4万円勝つぐらいの出玉を出したとしても、1万円にしかなりません。

もちろん負けた場合も負け額が減るんですが・・・なんかつまんなくなって、やめる事が出来ました。

今でも当時と同じレートの4円パチンコもありますが、店舗によっては1円パチンコより更に低い0.5円パチンコなんてのも存在します。

低レート専門の店舗も増えてきて、逆に4円コーナーはかなり縮小されていますね。なので私のようにお金を稼ぐ目的から、今は時間つぶし、本当に遊ぶだけという感じになっているかと思います。

コロナ感染リスクが叫ばれててもパチンコ止められない

昔はパチプロというものも存在し、それにより生計を立ててた人もいました。プロとまでは行かなくとも、立ち回りをしっかり勉強して毎月+収支に出来ていた友人も知っています。

しかし上記でも説明した通り、そういう事が難しくなっている現状。なので遊びに行っているだけって感じですね。

それでも止められない・・・なぜ?

コロナでも止める事が出来ないパチンコ

理由は大きく分けて2つあると考えています。

パチンコ依存症

一つ目はこれですね。パチンコ依存症。これについては詳しくは書いてある所もあるかと思うので省きますが、やめたくてもやめられない人達ですね。

稼ぐ稼げない、勝つ負けるは関係ありません。大当たりした時の感覚、快感を味わいたいんです。依存症と言うくらいですから、行かないとうずうずします。

行かない事でストレスになり、コロナ以前にメンタルをやられるかもしれません。最近新型コロナの影響によりDVが増えているという報道を見ます。

パチンコに行けないストレス等からの八つ当たりでDVとかにも発展するケースもあるでしょう。そうなるくらいなら今まで通りパチンコに行こうという感じでしょうか。

やる事が無い

そして2つ目の理由ですが、やる事が無いのかと思います。

今は大規模な外出規制がかかっており、どこにも行けない。今までなら子供を連れてモールやテーマパークに行っていた休日も、空いていないから行けない。

旅行が趣味だった人が居るとしても、今は無理な状況。その他も今までやれていた事がことごとく出来ない状況ですよね。

で、空いているのはパチンコ屋・・・なぜ規制がかからないのか?疑問はありますが、現状は通常通り空いているのがパチンコ屋くらい。

スポンサーリンク