新型コロナ過剰反応者が更に神経質になるような情報が続々出てくる…

コロナ過剰反応 にウンザリ




新型コロナは空中で数時間生存!という驚きの話が出てきました。

ただでさせ得体の知れぬウイルスに戦々恐々としている家は多いはず。恐れるのは良いけれど明らかに過剰反応だろ?って家庭も・・・

そんな家庭が空中数時間生存を聞いたら、更に過剰に、更に神経質になるのが目に見えています。

スポンサーリンク

新型コロナは空中で数時間生存

新型コロナウイルスのエアロゾル化に関する研究結果が明らになりました。

エアロゾルは飛沫よりも小さな粒子のことで、くしゃみなどによって発生する飛沫とは異なり、限定空間内で一定時間浮遊する。

新型コロナウイルスは、空中で最低3時間は生き残ると警告されました。

またウイルスが物体に付着した場合、生存期間は物質の種類によって異なり、プラスチックやステンレスは3日以上、段ボール紙は1日、銅は4時間

という情報です。文面だけ見れば怖いですよね。でもこれって新型コロナに限った話ではありません。

ノロウイルスやロタウイルスも同じようなものですね。

ノロウイルスの吐瀉物拭き残したら、それが乾燥してウイルスと一緒に舞い上がります。それを吸っただけでも感染しちゃうんですよね。

そして新型コロナと同じように、有効な抗ウイルス剤がなく、対症療法のみの対策しか出来ない点も同じですね。

感染力が高いのは確かで、全く気をつけなくて良いというわけではありませんが・・・正直今更?と思います。

どんなウイルスもそれぐらいあるのに、今更騒ぐ意味が分かりませんが・・・

過剰反応者は更に神経質になる

何よりこれが一番厄介なのかもしれません。

新型コロナ数時間生存説で過剰反応者の対応

今でさえ過剰反応している状態。そこへ新しい情報、怖い情報、煽る情報が入って来たら、どんどん神経質さが増します。

気をつける分はいいじゃん!と思われるかもしれませんが、やり過ぎで、普通の生活すら出来ません。

どこを触って良いのか?ここは触って良いのか?特に仕事で外に出ている人は気を使いますが、良いのか?ダメなのか?を決めるのは過剰反応者です。

過剰反応者はマイナスの意見しか取り入れません。

例えば外で遊んでも遊具にウイルスがついているかもしれないと言う事で外には出さないようにしている。

そこへ外で遊ぶのは免疫力上げるのに有効!という意見を聞いても・・・そちらは聞き入れません。

結果、マイナスの情報だけが蓄積されて行き、家庭内での制限が増えていく一方です。

もちろん本人も家族を締め付けようとしてやっているわけでは無いでしょう。誰も感染しないように考えうる最大限の対策を打っているだけというのは理解しています。

しかし、、やり過ぎな家も多いのも事実。コロナには感染しないけど、家庭がギクシャクで壊れてしまったら、本末転倒のような気がします。

新型コロナ情報は正しく、正確に伝えて欲しい

今回のウイルス数時間生存の情報も、しっかりと研究した上での発表だとは思います。

しかし、そこばかりがクローズアップされてしまうような情報の伝え方ですよね。

例えばインフルエンザは空気中に2時間~8時間生存。乾燥していたら24時間ほども残る。

ノロウイルスなんてもっと長時間。

あと、それが事実ならば満員電車での感染者なんて毎日出てきてもいいような事象なのに、出てこない。。

という事は数時間は菌は残るけど、いろんな悪い条件が重なった場合に感染するなどの、情報も合わせて伝えて欲しいです。

これらの情報はちょっと調べれば分かる事ですが、そもそも過剰反応者は悪い情報を耳にしたら、まずそこにターゲットを絞り、その対策を打ちます。

その情報しか頭に無くなる状態です。なので情報は良い事と悪い事は同時に、発表記事にしていただかないと、過剰反応者の神経質さは増すばかりです。

私の家も妻がかなりの過剰反応者です。今回の情報を受けて更に締め付けがきつくなるのが目に見えており、それが怖いです。

まとめ

コロナウイルスの情報が入るたびに、過剰反応者はマイナスの面だけを抜き取る為に、どんどん生活して行く上での制限が多くなります。

そういう家庭が実際に続出していると聞きます。

正しい情報を伝え、正しく恐れる

これを徹底してもらいたいものだと強く思います。