新型コロナ過剰反応の家族がいる家に帰りたくない帰宅恐怖症続出

コロナ過剰反応の家族がいる家




過剰反応家族がいる家庭は帰宅恐怖

うんざり

当然と言えば当然です。過剰に反応している家族はいちいちピリピリしています。手洗いアルコール消毒などを、ちゃんとやっているかチェックまでするそうです。

過剰反応家族が納得するまでです。そして帰宅後に触った扉や、歩いた廊下を消毒する徹底振り。仕事から帰ってきて、それやられたらいい気はしません。

ばい菌扱いか!?と言いたくもなります。

勿論、手洗い顔洗い済ませたんだから、ちょっとゆっくりしようか・・・などは許されません。お風呂直行を余儀なくされる家庭続出。。

テレビだって今までNHKなんて見なかったくせに、ニュースをやっているNHKしか見ません。終わったら、ニュースがあるチャンネルに変えます。

それでも終わったら、スマホでコロナ情報をずっと見ている。。

息が詰まります。家に帰りたくなくなるのも無理はありません。家に帰っても安らげず、ばい菌扱いで、随時チェックされる。

テレビも楽しい番組では無く、ずっとコロナばかりを追いかける・・・帰宅恐怖症が増加しているはずですよね。

過剰反応と買い占め行為は同じ

いろいろな買い占めが問題になっていますが、それらの人は殆どの場合は過剰反応している人でしょう。

1人1パック限定だったから1パックだけ買ってきたらキレられた

という話を聞きました。家族で手分けしてマスクを入荷したという薬局へマスクを購入に行った。

1人1パック限りだったので、もちろん1パックだけ買って来たら・・・妻に怒られたと。。

なんで遠くに子供を連れてきているなどと言い訳して2パック買わないんだ!?と。なんとしてでも多くの在庫を持っておきたかったんでしょう。

1人1パック限定とするのは、みんなになるべく行き渡るようにとの事だと、誰でも想像出来ますが、こういう人は他人の事など、どうでもいいんです。

新型コロナが怖くて堪らない!だからマスクをきらせるわけにはいかない。だから卑怯な手を使ってでも多く手に入れる!という考えなのでしょう。

その人は確実に家では過剰反応していて、他の家族を巻き込み息苦しい生活をさせているでしょう。

家族を守る為とか言っている(思っている)でしょうが、そうでは無く自分が怖いだけ、自分の価値観、自分の対策が全て正しいと思っている。

だから他の家族がやりすぎ!そこまでしなくてもいい!と言っても聞く耳は持たず、自分のやり方を強要する。

結果、他の家族が家に帰りたくなくなる。帰宅恐怖になっちゃうんですよね。

正しく報道して欲しい

最終的にはここに行き着きます。

新型コロナというぐらいですから、新しいもので分かっていない事も多いです。なので実際どこまで気をつければいいのか分からないのが現状です。

分からない場合、過剰に反応するタイプの人は・・・

やれる所までとことん予防し反応します。自分自身でもそこまでやる必要が本当にあるのか?疑問に思いながらも、予防しておいて何もなければそれでいいやという感じでしょう。

例えば災害に例えると、その何もなければそれでいいやという考えでの避難で良いでしょう。

恐らくこれいぐらに規模の地震だったなら津波も来ないだろうけど、一応高台に避難しておくか。これで何も無かったらそれでいいや・・・で良いですよね?

しかし過剰反応する人って同じ地震で例えるなら、震度1くらいのごく小さい地震でも、津波が来るかもしれない!高台に行こう!と言うようなものです。

いやこれぐらいじゃ来ないよ!と周りが助言しても、何かあってからでは遅い。避難していて何も無かったらそれでいいじゃんと言い避難します。

というような状況です。きちんとした情報があれば、震度1くらいでは津波は来ない。避難する必要も無いというのが分かりますが

その正しい情報が無いので、過剰反応してしまっている状態です。

ですので、ここまでは気をつけないといけない、こういう部分は気をつけなくていいのよという情報を示すことによって、過剰反応者を安心させる。

過剰反応者が減れば、今の日本の混乱も少しは解消すると思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

新型コロナウイルスによる過剰反応とも呼べる人たちが多発しているようです。

過剰反応の弊害は、家に帰りたくない帰宅恐怖症まで生み出している事態なので深刻です。

過剰反応する人たちの心理は、、情報が無いのでどこまで気をつければいいのか分からない・・・という心理でしょう。

どこまでか分からないので、とことん反応し予防する。そしてそれを周りの家族にまで強要する。それにより家庭内でもストレスが溜まりケンカが耐えない・・・

コロナが終息しても、コロナ離婚が増えちゃ笑えませんよね。

とにかく正しく報道してもらい、正しく恐れてもらい、1日でも早く家族が楽しく過ごせる日が戻ってくる事を願っております!