マスクの勘違い!正しく着けている人は4割 あなたも間違っていない?

マスクの正しい着け方




新型肺炎の影響もあり、マスクが再注目されていますね。

何か病気が流行るとこぞってマスクを買い占めますが、実際にマスクの効果や、マスクの正しい着け方を多くの人が勘違いしている事が判明しました。

調査の結果、マスクの着け方を、勘違いし間違って着けている人が6割にも及ぶ事が分かりました。実に半数以上の人は勘違いし間違った使い方をしているようです。

マスクの正しい着け方

マスクの効果などについては後述するとして、まずはマスクの正しい着け方。

  1. マスクを半分に下ります
  2. マスクを付けたら顎と鼻の付け根を覆う
  3. 鼻の付け根の凹み部分をしっかりと押す

これが正しいマスクの着け方・・・え?これだけ?と思いました?マスクを半分に折る事は初耳の人が多くても、それ以外の2と3は知ってるよ!という感じですかね?

しかし実際に出来ている人はそうそう多く無いという研究結果が出ています。

マスク装着後は確認作業を

マスク

しっかり着用出来ているかどうか?の確認方法があります。

普通に息を吸って吐いて繰り返して下さい。マスクの真ん中がポコポコ動いていたら、きっちり装着出来ている証拠です。

結局マスクってウイルスが口に入って来ないようにブロックする為にあるものなので、鼻に隙間があると、そこからウイルス侵入するので効果無しって事ですね。

鼻の隙間に限らず、サイズが合っていない場合も同じことが言えます。

マスクの正しいはずし方

  1. マスクを外す時は耳ひもを持つ
  2. マスクの内側には触れない
  3. ビニール袋などに入れてからごみ箱に入れる

大前提がマスクの内側を触らない!って事ですね。これは想像付きますよね。菌に自らが触れてしまうからという意味ですね。

そして③のビニール袋に入れてからごみ箱へは知りませんでした。

やはりマスク自体に菌などが付着している事が多いため、ウイルスによっては、そこから空気中に飛散してしまう可能性もあり、それらで感染しないように、ビニール袋に入れてからごみ箱へが良いそうです。

マスクの効能や、マスクしない人の言い分などを書いています。

マスクの裏表

これ話題になっていますね。マスクを正しく着けられているのは、4割と言いますが、個人的に見ていると、2割ぐらいなんじゃないかな?と思います。

マスクの正しい着け方

マスクの紐がついている方が外側です。結び目的なやつがある方が外側って事ですね。

殆どの人が裏表逆に着けているようです。私もそうでした。正解知ってから街の人のマスク見ていますが、正解率2割くらいに感じます。

また紐が内側や外側という考え方よりも、マスクのひだひだが、どちらに向いているか?で確認するのも理にかなっているかと思います。

ひだひだが上を向いていると、菌やほこりが溜まっちゃいますよね?でもひだが逆向きなら、溜まりません。。という考え方の方が正しいかと思います。

マスクを正しくつけないと

マスクの裏表が逆だったという点が強調されているかもしれませんが、言いたいのは正しく着けましょう!という事です。

せっかくマスクを着けたとしても、正しく着けないと効果が無い、もしくは激減するなんて勿体無いですからね。

マスク2枚重ねは効果なし

より菌を防ぐ目的でマスクを2枚重ねて使っている人がいますが、さほど効果がありません。

さほどという事は少しは効果あるの?という事ですが、マスクの別記事でも書いておりますが、例えばインフルエンザウイルスが野球ボールくらいの大きさだった場合、マスクの隙間は3メートルほどになります。

それぐらいマスクの隙間は大きく、ウイルスは簡単に通り抜けてしまいます。2枚重ねる事により、3メートルの穴が狭い所になると、2メートルくらいになっちゃうかもしれませんが・・・その程度です。

2枚重ねようがウイルスは簡単に通り抜けます。

ただ2枚の間に、ウエットティッシュ等を入れて保湿するという観点から見ると、多少効果はあるかな?というレベルです。

枚数に拘るのでは無く、やはり1枚で良いので、正しく着ける事が重要って事ですね。

まとめ

マスクの着け方を勘違いし、正しく着けられている人が少ないという事をお伝えしてきました。どうでしたか?しっかり出来ていたでしょうか?

  • 半分に折る
  • 顎と付け根をしっかり覆う
  • 鼻をしっかり押し付け隙間を覆う
  • 紐がついている方が外側
  • ひだひだが下向きになるように装着

以上が正しくマスクを着けるポイントとなります。

品薄状態が続いているマスク。せっかく手元にあり、感染予防として使うなら正しく使い、最大限の効果を発揮してもらいたいものですね。