【尾上寛之】 スカーレットで高評価!アンナチュラルの人だった!

尾上寛之




現在放送中の朝ドラ スカーレットに出演している、尾上寛之さんをご存知でしょうか?

スカーレットで掛井武蔵丸役をしている、尾上寛之さんがネットで高評価を得ています。そこには尾上さんが幅広い役を演じられるという点も評価されているようです。

スカーレットに出演中の尾上寛之さん、どんな役者さんなのか?調べてみました。

尾上寛之さん

まずは尾上さんの紹介からです。 おのうえひろゆき 1985年07月16日(34歳)大阪府茨木市出身  です。

尾上寛之

朝ドラに多数出演

  • ぴあの
  • ふたりっ子
  • 甘辛しゃん
  • てるてる家族
  • 芋たこなんきん
  • カーネーション
  • ひよっこ
  • スカーレット

朝ドラだけでも多数出演されていますね。

尾上寛之さん スカーレットでの役柄

役名は掛井武蔵丸  喜美子(戸田恵梨香)主人公の息子・(武士)の大学時代の恩師という役柄です。

大学の先生という事からも分かる通り、普通の人です。

普通の人の役をやっているという事なんですが、なぜ普通を強調するかと言うと・・・尾上寛之さんさん普通じゃない役が多いんです!

普通じゃない時の役のイメージと今回の普通の人のイメージのギャップがあり過ぎて、また驚いたり尾上さん自身の評価が上がったりしているんですね。

尾上寛之さん 普通じゃない役

アンナチュラルとうドラマでシリアスキラー役を演じました。まぁ連続○人犯という所ですね。

とにかくこの時の役柄の印象が強過ぎて、普通の役を演じているはずのスカーレットでも身構えてしまう人が続出とか?

数え切れない程のアンナチュラルという言葉が並んでいます

それだけ、 尾上寛之さんがアンナチュラルで演じた高瀬文人という役がはまっていたという事ですね。

アンナチュラルを見ていなくて、初めてスカーレットの掛井武蔵丸役で尾上寛之さんを見た人には想像出来ないかと思います。

だってスカーレットでは普通の役ですからね。何なら爽やかな良い人ぐらいの勢いですから、想像だに出来ないと思います。

アンナチュラルではどんな役だった?

赤い金魚殺人事件 

ドラマの中で殺人事件が発生します。その犯行方法がアルファベットになぞらえて犯行して行くというもの。

  • A(Asunder)バラバラ
  • B(Beat)殴打
  • F(Formalin)漬ける
  • S(Suffocation) 窒息

など全てのアルファベットに沿った犯行方法で、次々に殺して行くという役。怖すぎます!もうサイコパス過ぎる!や相当やばいやつ!としか言えない役でした。

そんな怖い役を尾上寛之さんがやっていたんですからね。今回のスカーレットの役からは考えられませんね。そのギャップにみなさん驚いているようです。

まとめ

スカーレットで高評価の尾上寛之さん、いろいろな役柄を幅広く出来る、素晴らしい役者さんですね。

あまりにもイメージが違い過ぎて当初気付きませんでした。髪型などもあるでしょうけど、それだけ演技が上手い!って事ですよね。

尾上寛之さんのイメージがアンナチュラルで固められちゃっている人は、まだ半信半疑なところがあるようです。

スカーレットでも怖い役になるんでは?

話の展開から、そんな事はないんでしょうけど、未だにそれを恐れている人もいるようですね。今後のスカーレットの展開と尾上寛之さんの活躍にも期待していきたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ