円満離婚の日の由来と離婚式との関係 2月29日の理由は?離婚推奨日?

円満離婚の日




円満離婚の日というものがあるのを知っていますか?

円満離婚の日は4年に1度 2月29日にやってきます。
また、この日は離婚式という聞きなれない式と関係がある
という事も分かってきました。

円満離婚の日が設定された由来や、2月29日になった理由
また、離婚を推奨する日なの?その日は何の為に設定されたの?
疑問に思ったので調べてみました。

円満離婚の日と離婚式の関係

円満離婚の日を語るにあたって、まず知って頂きたいのが
【離婚式】という聞き慣れない言葉です。

離婚式とは、離婚を決めた夫婦が離婚にあたっての区切りをつける為に行う式です。
結婚式とは真逆の式である事は想像が付きますね。
現在では一番有名なのは離婚式プランナー寺井広樹さんという方との事です。

離婚式が行われるようになった背景には、離婚が珍しく無くなった現代
結婚する件数が減った事もあり、全結婚に対する離婚の割合は3割にものぼると
言われています。とにかく離婚が珍しく無くなった現代。

”離婚”に対するイメージも変化していますよね。離婚は恥だ!恥ずかしい事だ!
などと言われていたのは昔の話。若い世代のみならず、親世代に至っても
離婚のイメージが変化しています。

コソコソ離婚するより家族や知人に堂々と離婚宣言をする

その方が周りも気を使わないし、本人達も相手への憎しみより前向きな感情が
強くなり、次の人生、次の恋愛結婚へ向けて早めに切り替えが出来るという効果
もあるそうです。

円満離婚の日

離婚式プランナーの 寺井広樹さんが制定した記念日

離婚式について

離婚式

円満離婚の日は、離婚式プランナーの方が制定した日という結論を
先に言いましたが、離婚式についてもう少し詳しく続けます。

離婚式の内容

・裂人(さこうど)のスピーチ・・・結婚式では仲人、離婚式では裂人と言います。
・友人代表スピーチ
・離婚届への署名、捺印
・結婚指輪潰し
・旧郎のブーケトス・・・離婚式では旧郎が投げます。

※離婚式ではご祝儀では無く【ご終儀】を持参し会場の飲食代等に利用
 されます。

なかなか本格的な式ですね。まだ出席した事ありませんので
どんな雰囲気で式が行われて行くのか、ちょっと興味があります。

離婚式を行う理由

結婚式を挙げた事ある方は分かると思いますが、あれって面倒ですよね?
現在の夫婦関係が良好な方も、そうでない方も、もう1回あれやれって
言われてやりたいですか?私は二度とやりたくないです・・・

とにかく準備が面倒でした。会場押さえや親族招待、友人招待などの連絡
料理選びや引き出物選び・・・どれも面倒で二度とやりたくないです。

恐らくそう思っている方も多いはずなのに、ましてや離婚する夫婦なのに
また同じような式、離婚式を行う理由は何でしょうか?

離婚条件を守らせる為・・・離婚式参加者、出席者全員に証人になってもらう

この意味合いが大きいようです。離婚するにあたって、慰謝料や養育費、子供が居れば
子供への面会など離婚条件が決められますが、守られないケースも多いとか。
離婚条件をみんなの前で宣言する事により、守らせる!という意味合いが大きい
と言われています。

離婚式を行うメリット

その他にも離婚式を行うメリットがあります。

離婚を留まるケース

離婚式を準備し、いざ実行して行くにつれて共同作業が増え、結婚当時の
気持ちを思い出し、愛が復活し復縁。離婚式が復縁のきっかけとなる
ケースも多いとの事

離婚理由など説明が不要

通常、離婚時は親しい友人や親族に離婚に至った経緯などを
説明する必要があると思いますが、そういった離婚後の手間が省けます。
離婚した翌日からは次に向けて走り出せるといった感じですね。

離婚後の連絡が取りやすい

離婚が成立した後も何かと連絡する必要はありますよね。
子供が居たらなお更そうでしょう。険悪なまま離婚したら、必要な業務連絡
すら取り難い状態に陥ってしまいますが、離婚時の雰囲気を良くする事により
その後の連絡を取り易くします。

Inspiration of TOTTI 独自のひらめき
 
1970.01.01
Inspiration of TOTTI 独自のひらめき
https://juntake.work/sudden-change-see-through/
独自のひらめきをこのブログから!

円満離婚の日制定の由来

円満離婚

2月29日 円満離婚の日に話を戻します。
この日が離婚式プランナーの方が制定した日というのは先に説明しましたね。

2月29日はうるう年、4年に1度しか無い日ですよね。
離婚が珍しくない時代になったとは言え、めでたい日では無い。ですので

【4年に1度くらいがちょうどいい】

という理由で、うるう日である、2月29日が円満離婚の日と設定されました。

【二人に福(29)あれ】

という語呂合わせも円満離婚が2月29日になった由来の一つです。

まとめ

円満離婚の日

・円満離婚の日は離婚式プランナーの方が制定した日
・離婚を推奨している日では無い
・2月29日(うるう日)に制定されたのは、4年に1度くらいがちょうどいいから
・2人に福(29)あれの語呂あわせも由来

以上が、円満離婚の日と離婚式の関係と
円満離婚の日が2月29日になった理由です。

現在夫婦関係が上手くいっておらず、離婚したくても出来ないという
お悩みを抱えている方にとって、期待していたような
離婚を推奨する日、簡単に離婚が出来る日!などの魔法のような日
ではありませんでした。

しかし、離婚式や円満離婚の日の存在などをきっかけにして
離婚と言う次のステップに進むきっかけになり得る可能性はある日・・・
では無いでしょうか?