歯医者に行きたいがコロナが怖い!治療に行って大丈夫なのか?

歯医者




歯が痛い!となれば歯医者に行くわけですが、現在は新型コロナの真っ只中。コロナ感染も考慮しなければならず、歯医者に行きたいがコロナが怖い!って人多いですよね。

また歯医者さん自体も受け付けてくれないのでは無いか?治療に行って大丈夫なのか?迷惑しないのか?とか思いますよね。

その辺りご心配されている人向けにこの記事は書いております。

スポンサーリンク

 

歯医者に行きたい!

歯が痛いというのは本当に辛いものです。また詰め物が外れるとという事も歯医者に通う要因として多いですよね。

新型コロナが流行しているからと言って、歯の痛みなどが待ってくれるわけでは無いので、今現在も歯医者に行きたい!って思っている人も多いかもしれません。

そこで気になるのが、新型コロナと歯医者の関係ですよね。歯医者には行きたいが、新型コロナの感染リスクが怖く通うのを躊躇する…

歯医者は行ってください

先に結論から言いますが、歯医者は通って下さい。歯医者で感染するリスクは高くないです。

新型コロナの主な感染経路は報道等で既にご存じかとは思いますが、飛沫感染です。

感染者のくしゃみ、咳が飛散し、それを吸い込み感染するというのが主というのはご存じですよね。ざっと言えば”唾液” ”つば” が良くないですよね。

だからこそ歯医者は危ないのでは無いか?と心配があるのかと思います。

歯医者は治療により、血液も出るし唾液も出ます。普通に考えると感染リスクは高いように感じますし、実際に対策を打たなければ感染リスクは高いでしょう。

しかし対策を打っていない歯医者などあり得ません。

そもそも歯医者は今回の新型コロナに限らず、口の中を見るという特性上、どうしてもいろいろな病気の感染リスクがあります。

しかし歯科治療を通じて歯科医や衛生士が肝炎やエイズに感染したという事は聞いた事ありませんよね?

それはしっかりと対策を打っているからです。マスク、グローブ、ゴーグルの着用、手洗い、グローブの頻繁な交換など、万全の対策を打っているというわけです。

普段から感染症に対する意識が高く万全の対策を取っている。だからこそ今まで肝炎やエイズなどの感染報告も無い。

これはコロナ対策も同じことが言えるので、歯医者の治療が原因で、歯科医師や歯科衛生士から患者側にコロナに感染するとは考えられないと言い切れるでしょう。

コロナに感染した人が歯医者に来ない?

歯医者側から患者への感染リスクは極めて低い事はお分かりいただけたと思いますが、コロナに感染した人が歯科治療に来るのでは?という心配がありますよね。

少し話が前後してしまいますが、現在多くの歯科医院では治療のみ受け付けているようです。

治療以外のメンテナンス(歯石取りとかですね)は受け付けていないという事は、歯医者に通っている人は全員が【虫歯の治療に来ている】人になります。

体調が悪い時に虫歯の治療に来ますか?

という事ですね。虫歯の治療って結構体力も気力も使いますよね。口を長時間開けているのも結構辛いし、いつ来るかもしれない痛みにビクビクして気力も使うし…

よっぽど痛すぎる時は別ですが、体調悪い時、例えば熱がある、鼻水が出る、吐き気がする、咳が出るなどの時に通うおうとは思いませんよね。

そもそも、吐き気したり咳が出ていたら、口を長時間開け、治療することすら困難ですからね。

そう考えると、治療に来ている人は体調が良い人という可能性が高く、コロナに感染している人が来ているという可能性は極めて低いと言えるでしょう。

それでもコロナの怖い所は無症状の人も居るって所ですよね。となると一番、密になる危険性があるとすれば、それは待合室です。

待合室に居る時間を少しでも減らす事と、待合室が混んでいない歯医者を選ぶ事が肝心です。

スポンサーリンク

 

歯医者の選び方

待合室に人が居ない方が良いのは分かるけど、どうやって歯医者を選ぶのか…おススメの選び方を紹介します。

まずは住んでいる地域(通いたい地域)+歯医者を検索窓に入れてみて下さい。

そうすると【EPARK歯科】というサイトが出てくるかと思います。それをクリックすると、歯医者が出てきますが、その中から

ネット予約可の歯医者を選ぶ

上記EPARK歯科のサイトの中でも歯医者の紹介は載っているが、ネット予約には対応していない所もあります。

なのでネット予約可の歯医者を選んで下さい。そうすると空き状況が見られます。

そうすると殆どの時間帯で×や△の歯医者や、逆に殆どの時間帯で〇(空きがある)というのが分かります。

もうお分かりかと思いますが、殆どの時間帯で〇の歯医者はそれほど混んでいない=待合室が密になる可能性が低いという事になりますね。

そういう歯医者さんの中から、あとは評判や口コミなどを見て決めて下さい。

空きが多いのは人気無いんじゃないの?

通常(コロナが流行っていない)はそうかもしれませんが、今の時期はそれは当てはまりません。

上記でも書いた通り、現在は虫歯の治療以外のメンテナンスは受け付け停止している所が多いです。

また感染が怖いからと通うのを控えている人も多い。そして歯医者さん自身も密になるのを防ぐ為、通常よりも受け入れる人数を制限しているようです。

なので殆どの時間帯受け付け出来ないほど受け入れている方が怖い…(コロナ対策が不十分な可能性がある)とも言えます。

なので、空きが多い=人気が無いとも言えない状況

待合室で密になるのを防ぐ為に、上記参考にしてみてください。

通うメリットとデメリット、通わないメリットとデメリット

最終的にはご自分の判断になります。どんなに歯医者さんが対策を打っていても、密になるのを防いだとしても

感染リスクがゼロではありませんし、そのリスクが高まるのは間違いないでしょう。

ただそれは歯医者特有の事では無く、普通に仕事に行く、美容室に行く、買い物に行くという事と同じレベルのリスクかとは思います。

通う場合と通わない場合のメリット、デメリットを天秤にかける必要があるでしょう。特に痛くも無いのであれば、今急いで通う必要も無いでしょうし

逆に痛くて溜まらないのならば、先延ばしにすればするほど、酷くもなるでしょうし、虫歯から来る他の感染症へのリスクもありますね。

そこら辺をご自分で判断される必要があるでしょう。

あとHPはある歯医者を選んだ方が良いです。HP上にコロナ対策について記載があるような歯医者は、感染対策の意識や患者の不安な気持ちを察してくれる、歯科医院の可能性が上がりますしね。

まとめ

新型コロナへの感染が怖くて歯医者に通うのを躊躇している人が多いと聞きますが、ポイントとしては

歯医者は常日頃から感染症対策には万全を期しています。それはコロナ対策に限った話では無く、常日頃からです。

なので歯科医や衛生士から患者側への感染リスクは低いでしょう。

そして密になってしまうのは待合室。これも混んでいない歯医者を探すというのがおススメ。

EPARK歯科というサイトでネット予約可の歯医者を探し、空きが多い歯医者を選ぶ事で密を避ける事が出来ます。

しかし感染リスクがゼロという事はあり得ないので、通う場合と通わない場合のメリット、デメリットをご自分で考え、天秤にかけて通われるかどうかをお決めになられたら良いと思います。

痛いなら行く、痛くない(食事にも支障なし)なら見送る

が今現在の主流じゃないかな?と思っております。

歯が痛いのは本当に辛いですもんね。痛みの無い生活になれるよう、そしてコロナの心配が無い世の中に一日も早く戻ってくれたらいいですね。