ブログにコンサルは必要か?メンター選びに失敗した体験談

メンター




とは仰られていました。だからこそ私は他人の死や不幸を記事にするよりも、芸能人以外の記事を書いて添削を受けていました。

1ヶ月程は真面目に毎日のように添削を受けました。しかし1度も記事についての指摘は無く、タイトルのみの指摘でした。

しかしブログはタイトルが最も重要なのは知っているので、それについては何も思わないのですが・・・

指摘が無いのです。タイトルOKと言われるんですよ。タイトルOKと言われても、、アクセス集まっていませんが?と聞くと

記事ネタが悪いと言われます。試しに芸能人の記事を書いたら、記事ネタも良いです!とお褒め頂きました。

という事はやはり、芸能人のネタを書けって事なんだなと理解しました。

芸能人のネタや不幸ごとが嫌だなんて稼げないやつの言い訳!と言われそうですし、その通りなのかもしれません。

先生の狙いを確かめたくて試しに書いた芸能人のネタがめちゃくちゃアクセス集まり、稼ぎまくってたら世のトレンドブログのような方向に走っていたかもしれません。

だから芸能関係が嫌だなんて言い訳だというのは自分でも理解しています。

でも・・・やっぱり嫌です。百歩譲って、自分が知っている情報を記事にするならまだ耐えられますが、興味の無い芸能人の、結婚や不幸な事や死に関する情報を他の人のサイトから抜き取り

パクって記事にするなんて私には無理でした。現状、タイトルの指摘は無く、記事の内容についての指摘も無い。言われる事は・・・

この記事ネタじゃアクセス集まりませんよ

だけ・・・この言葉は=芸能ネタを書けって事。。詰んでいました。

連絡は来ない

私の個人的な考えですが、メルマガやっているとこの料金でコンサル受けられるのは、あと○名とか、あと○名で締め切りです!

とかは嘘だと思っています。他にいかれないよう急かして急いでコンサル受けさせる手段だと思っています。

それはそれで販売の手段として全然良いとは思うのですが・・・言いたい事は

料金払ってもらえば後はこちらに任せる

というスタンスのコンサルは多いと思います。連絡ガンガン取って来て、その人のブログの添削や質問に答えるのが長時間でも全く質問もして来ず、添削を受けなくても・・・同じ料金。。

という事は料金払って貰えたら、後はブログ続けるも止めるも本人次第で、どうでも良いという感じの方は多いでしょう。

自分のコンサル受けてくれたんだから、稼いでもらいたい、稼がせたい!とは思っているかとは思います。

だからと言って例えば塾の先生のように、休みがちの人に先生の方から連絡して塾に来るよう促す行為・・・そういう事はしない人が多いようです。

良く言えば、やる気を出すか出さないかは本人次第、やる気の無い人に無理強いはしないという感じでしょう。

悪く言えば、お金は貰ったんだから、後はどうでも良いと言う感じかと・・・

私自身、どうしもトレンドブログの世間の評判の悪さ、煙たがれている感じを受け入れられずに見切りを付けて、コンサル受けるのを敬遠して3ヶ月程・・・

1度も連絡がありませんでした

多分私のように、途中で投げ出してブログ添削受けるのを止めてしまった人は山ほどいるんでしょう。

そういう人が多いから特に珍しくも無く、やる気の無い人は切り捨てるという感じなんでしょう。でもね、、ビジネスとしてそれどうなんでしょう・・・という気持ちはあります。

コンサル料・・・大金ですよ。正直大金です。そんな大金を出してくれた人に対して、1度も様子を伺うような事もしない。

かと思ったら、コンサル期限が切れた後の連絡はしっかりきました。

自分にどんな手法でも、どんな内容でも汚い手を使ってでも稼ぐ!という覚悟が無かったというのも理解しています。

しかし、途中で一度くらい様子を伺うような連絡の一つくらい欲しかった。トレンドブログの中でも芸能人の事しか教えてくれない。

それ以外を書くと記事ネタが悪いと言われるので、芸能関係の好き勝手書く感じがどうしても受け入れられなかった自分は連絡が取り辛くなっていた。

そういうのを察して一度くらい連絡欲しかったですね。まぁわがままな話なのかもしれませんが・・・

スポンサーリンク