蕎麦カフェ【そば墅】森の小さなカフェが今話題です!

森の小さなカフェ




蕎麦とカフェ 一見対義語にも見える組み合わせですよね。

蕎麦カフェというぐらいですから、お蕎麦が好きな人も、カフェが好きな人も楽しめるような場所なんでしょうか?

蕎麦大好きな私としても、絶対に行きたい!お店です。蕎麦が好きな人もカフェが好きな人も要チェックです!

蕎麦カフェ【そば墅】

蕎麦カフェそば墅

蕎麦カフェそば墅(い)は岩手県一関市にあります。

Googleの口コミ 4.0

高い!評価が物凄く高いです。悪い評価やコメントも全てさらけ出しているgoogleの評価を完全に信じてしまっている私は、この数字を見ただけでも行きたくなりました。

そば墅さん、写真の通り雰囲気のある、自然に囲まれた場所にぽつんとあります。森の小さなカフェと言うだけはあるという場所ですよね。

手打ち蕎麦とコーヒーのおいしいお店

一言で表すとすれば、これがよくあてはまります。店内では心地よいJAZZが流れており、そこは喫茶店風という感じ。

お蕎麦の良い香りとコーヒーの香りが融合され、なんとも食欲をそそるにおいと、落ち着いた空間に来客はみな自然と笑顔になります。

蕎麦:30食限定 売切れ次第終了

との事です。お店は10時から入店可能なので、早めに行った方が無難かもしれません。

蕎麦とカフェをくっつけるあたり、なかなか普通じゃ考えられないので、少し予想していましたが、ちょっと職人気質の店主さんのようです。

そこら辺も書いていきますので、興味があれば以下も予習と思って読んで下さい。笑

蕎麦カフェ そば墅の店主さん

店主さんは、元大工さんの  及川福壽さんと妻の三恵子さんの二人で営まれています。 福壽さんは趣味がバイクで、ツーリングがてらいろいろな場所の蕎麦を食べて回るのが楽しみだったとか。

県内外100軒以上は回ったと話されています。そんな蕎麦好きの福壽さん。いろいろな蕎麦を食べているうちに自分も蕎麦を打ってみたい!と思うようになったとの事。

まぁここまではよくある話ですよね。実際私の周りにも蕎麦打ちを趣味程度にやっている人が複数いますので。

でも福壽さんは、それを本格的に学び、お店を出すまでになるから凄い!

それでも本業もあった福壽さんは独学で蕎麦打ちを学びます。そんな福壽さんに転機が訪れたのが東日本大震災でした。

50歳の時にリストラにあいます。その時に好きな蕎麦を商売にしよう!と思い立ちます。

自宅倉庫を改装し、 「そばカフェ そば墅(や)」 をオープンしました。すごい行動力ですね。

蕎麦の味は絶品!そしてもちろんですがカフェという名称も付いているので、カフェメニューもありますよ。蕎麦粉を使ったぜんざいやシフォンケーキが有名だとか。

他にもコーヒーはもちろんプリンなどデザートメニューも豊富ですよ。

蕎麦カフェ そば墅の特徴

蕎麦

元大工の店主の福壽さんは、職人気質です。いろいろなこだわりがあります。

店内は土足禁止です

なかなか変わったシステムで、店内は土足禁止になっています。玄関でスリッパに履き替えないといけません。うーんこだわりが強い。

お早うございます‼️今日も宜しくお願い致します。

森の小さなそばカフェ 『そば墅』さんの投稿 2020年2月6日木曜日

蕎麦カフェ そば墅 フェイスブックもやられているので、要チェックです。

向かう途中でくじけるな!笑

なかなか森深い所にあるようです。ナビを頼りに向かっていても、本当にここで会ってるの?と不安になる事もあるとか。とにかく、、向かう途中でくじけないで下さい!笑

まとめ

蕎麦カフェそば墅さんについて調べてきました。

職人気質の店主福壽さんが、元大工を生かして自らが立てたお店。味も雰囲気も音楽も素晴らしいと評判です。

2月15日 人生の楽園で紹介されるようですよ。その後は人が殺到するでしょうから、行くならその前がオススメです!

森の小さなカフェと銘打つ 蕎麦カフェ そば墅 一度行かれてみてはどうですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ