特別給付金の家庭内分配は平等に行われるのか?特にモラハラ家庭は?

特別給付金




新型コロナによる特別給付金の申請書類がようやく届き始めた家庭が多いのでは無いでしょうか?

個人申請では無く、世帯毎の申請という事から本当に全員の手元に届くのか?不安視されています。

DV家庭では救済案があるようですが、それも極々一部しか対象にはならないようです。

スポンサーリンク

 

モラハラ家庭は貰えない

籍は入れているものの加害者から別の所へ避難しているなど、どう見ても同世帯とは言えないような分かりやすいパターンの場合はしっかりと救済案があるようです。

しかし、逆に言うと別居まではしていないけど、家庭内に留まっている家庭。

家庭でモラハラを受けている、経済的DVを受けているなど、一見軽いような事例ではもちろん救済案はありません。

家庭内では相手に対して何も言わせないような、図式が出来上がっており、今回の特別給付金に関しても、当然のようにモラハラ人間は自分の懐に入れるつもりです。

もちろんモラハラ人間と被害者の程度にもよるとは思いますが、言えば、お願いしたら貰える家庭もあるでしょう。しかし

モラハラ人間にお願いするのはパワーが相当必要

なんです。特別給付金は国民1人1人で配布されるもの。当然家庭内であっても、誰か一人が全部懐に入れるなんて許されるはずもありません。

しかし、それを当然のようにやっちゃう人間です。普通じゃない人間、普通じゃない家庭内での力関係なんですよね。

そんな相手に、お金ちょうだいと言わなければいけない。素直に聞く人間なら、そもそもモラハラもしないでしょうし、当然全員に配るでしょう。

言われないと分からない人間ですから、逆上したり、配る事はしても相当不機嫌になったり。それにより別の不満をぶつけ八つ当たりされたり…

10万円を貰えるまでには相当の苦労やパワーを使う事が予想出来ます。

選択肢は2つ

1つ目は10万円は諦める

2つ目は苦労するのを覚悟でモラハラ相手に渡すよう要求する。

どちらかしかありません。たった10万円と思われるかもしれませんが、モラハラ家庭では同時に経済的DVを受けている事が殆どです。

なので10万円は大きいのです。正直10万円の給付が決まった時、かなり助かる!と思いました。モラハラ人間に吸い取られていますので、本当に助かると…

しかし蓋を開けてみると、我が家のモラ嫁は私が管理していない、私口座をしっかり準備し記入し勝手に出していました。

絶対に私には渡さない!というスタンスでしょう。

個人申請にして欲しかった

事務手続きや、早急な給付をする…という観点で考えると、それはとても難しいという事は分かっています。

しかし、今回世帯主に一括で給付した所で、全く1円も貰えない家庭は多いでしょう。

それは家庭の問題であって、家庭内で解決してくれと言われたら確かに何も言えない所はあります。

DVやモラハラの本質を分かっていない人からすると、別居していないくらいなら大したことないでしょ?大丈夫でしょ?

と思われるかもしれません。しかし別居していないくても、そこまででは無くても、困っている家庭は沢山あります。

特別給付金など1円も貰えない家庭は沢山あります。今回は早急に給付しないといけないという観点で仕方なかったとしても…

もし次回があるとしたら、個人での申請をお願いしたいと思います。

アメリカでは申請は必要無い

アメリカでは日本のように申請手続きは必要無いそうです。納税記録を見て、支払い手続きが自動で行われるとの事。

日本でも出来ないでしょうか?結局手続きが煩雑になるから世帯毎の申請になっている事と言われています。

という事は手続きを簡素化したらもっと、しっかりと個人にも行き渡るのでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

 

まとめ

とにかくモラハラ家庭では経済的DVを受けている事も多く、今回の特別給付金に関しても一円も貰えない家庭は多い事でしょう。

国民1人1人に行き渡るよう、何とか対策をとってもらいたいものです。