モラハラは遺伝する!世代間連鎖する理由と連鎖を止める方法

モラハラ連鎖を断ち切る




モラハラ家庭での心配は多くありますが、中でもモラハラは遺伝する。世代間連鎖するという点が親としては心配ですよね。

モラハラは遺伝・連鎖すると言われている理由と、モラハラ連鎖を止める方法を考えていきます。

スポンサーリンク

 

モラハラの子供へ悪影響

モラハラを受けている人の苦しみは多岐に渡るとは思います。自分自身の苦しみもそうですが、何より愛する我が子への悪影響も心配です。

自分は我慢出来ますが、子供だけは守りたいって方が多いでしょう。

モラハラは子供へ影響する

これは広く知られている事だと思います。だからこそ被害者は心配するんですよね。

 

子供が見ている事・・・母親(父親)に対するキツイもの言い。怒りのスイッチが入った時の理不尽で激しい怒りの言葉

母親(父親)から発せられる怒りの空気や、それにより不穏な空気が漂っている事。

母親(父親)の顔色を伺っている父親(母親)

とにかく全部見ています。子供だから分かっちゃいないよ!って人も居ると思いますが、見ていますし感じています。

3歳を過ぎた頃からは完全に分かっている

あくまで我が娘の話ですが、子供も赤ちゃんも分かっている見ている!とは言われても実際、赤ちゃんと言われるような時期だと分かっていない感じでした。

しかし、3歳を過ぎた頃からは明らかに分かっていて、空気を察しているようなんです。嫁から何かきつい言葉で言われる。

それに対してこちらも意見していると必ず娘が入ってきます。

この年代だから何があっても母親味方なのが少し残念ですが、パパごめんなさいは!?ってすぐ言います。

そしてそうじゃない”普通に会話しているだけの時”もママ怒ってるの?パパ怒ってるの?と頻繁に聞くようになりました。

そして何より、私が嫁から罵られている時は怖がり泣き出します。

完全に分かっていますよね。だからこそ娘の前では絶対に声を荒げない!言い争わない!って二人で決めているんですけど、全く守られません。

怒りのスイッチが入ったら、そういう話は無かった事になります。約束したよね?娘泣いてるよ?やめようと言っても、そうやって逃げるのか!!?などと更に怒りが増長され手が付けられません。

モラハラ人は変わらないからこそ子供が心配

モラハラは連鎖する

モラハラは連鎖する

親が心配する事は二つですよね。

我が子も将来誰かからモラハラ被害を受け、自分と同じように苦しむのでは無いか・・・

我が子も将来誰かにモラハラ行為をして、他人を苦しめるのでは無いか?

モラハラしている加害者の事も、モラハラを受けている被害者の事も両方を見ている事になるので、記憶にしっかり埋め込まれ、遺伝してしまうのではないか・・・心配です。

だからこそ今は自分だけが逃げ出すことは出来ないという苦しさもあります。

私の話になりますが、どれだけ頑張っても父親が子供の親権を取るのは難しいと分かりました。よっぽど入院するほど精神異常者が相手なら話は別でしょうけど

どこの家もそうだとは思いますが、”そこまでではない” ですよね。普段何も無い時、機嫌が良い時は普通ですもん。

でもそこまでの決定打は無い。。となると普通に考えると母親に取られてしまう。。

モラハラ行為に耐えられずに出て行く事は、イコール娘を捨てる事になる

そんな事は出来ません。だから今は耐えるしか方法が無いんですよね。

自分が居なくなり、モラハラする相手が居なくなったら、矛先が娘へ向かうのでは無いか?という不安と、ブレーキをかける相手が居ない状態で過ごして来た時の娘への悪影響

それらを考えると私が逃げ出すわけには行かないのです。となると今の家庭内でのモラハラ行為を見せ続けなければいけない。。

やはり影響が心配です。

モラハラが連鎖するメカニズム

子供は自分が現在置かれている環境に適応しようとします。日々の家庭での出来事を学習しているってわけですね。

モラハラ行為をする人の心理の奥底には、相手より有利に立とうという気持ちがあります。

相手の事を思ってだとか、将来の事を考えてだとか最もそうな意見を言いますが、実際は相手より上に立ちたいだけ。

善意を振りかざし、罪悪感を生み出し、モラハラするきっかけと理由を作り出します。

そしてそれを見ている子供・・・当たり前ですが体も未熟ですが、判断力も未熟です。よく言えば良い事も悪い事も何でも吸い取り吸収する時期。

モラハラ加害者が都合よく作り出したモラハラする理由が ”作り出されたもの”とは気付きません。

スポンサーリンク